スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

「農家のかあさん特製ランチ」第2弾!

新年明けてすでに10日を経過。正月早々体調を崩して、すっかり出遅れての仕事(?)始めとなってしまった。

さて早速本題!以前ご紹介した江別市役所地下の『福利食堂』で、農家のかあさんが考案したレシピによる特製ランチをマンスリーで味わえるという企画。その第2弾が今月7日からスタートした。

今回は”農家のかあさん考案レシピ”ではなく、江別『米村牧場 チーズ工房 プラッツ』ホエーミルク豚とチーズを使ったスペシャルメニュー。
米村牧場ホエーミルク豚味噌漬
実は記念すべき2013年の初江別入りした1月9日(水)、まず最初に飛び込んだのがこの『福利食堂』。限定1日20食ということで、事前予約しての万全の体制で臨んだのだが・・・

なんとまたもやカメラが応答せず!11月に入院させて復帰したばかりなのに~ 正月早々本人に続きカメラも体調不良である。前途多難。。。

というわけで、写真は福利食堂に掲げられていたポスターから借用。メニューは「米村牧場・味噌漬ポークソテー、牧場の熟成チーズかけご飯」、これにスープが付いて500円。



「ホエーミルク豚」は米村牧場でチーズホエーと牛乳を飲ませ、放牧でのんびり育てた豚。ソーセージやベーコンなどの加工品として販売されるため、こうして豚肉そのももを頂く機会はとても貴重なのである。

さて実食コメント。味噌にしっかり漬けてあるため、ホエーミルク豚そのものの味わいや食感は判断できないが、脂身がサクサクとして口の中でべとつかないのは、味噌とホエーミルク豚のいい相乗効果のように感じた。

「チーズかけご飯」の方は、24ヵ月熟成のチーズが、チャーハンのようにこんもり盛られた白米の頂きに勢いよく降り積もっていて、何しろ香りがすごい。チーズ好きにはたまらない発酵香だ。これを自分で混ぜながら頂く。さすがにバター載せご飯より、はたまた北海道流のミルクかけご飯よりも、コクと深み、高級感溢れる味わいだ。そして豚の味噌味との相性もばっちり。

その他付け合せのサラダのドレッシングがジュレになっているのも気が利いている。

ちょっと残念なのが、前回の「はるちゃんのハヤシライス」の時に感動した『巴農場』のお米が使われていないこと。今回の主役はチーズだと割り切ろう。

江別産ミルクホエー豚が味わえるのは”ここだけ!”の「農家のかあさん特製ランチ」は今月いっぱい1日20食限定。このチャンスをお見逃しなく!!!



『福利食堂』


江別市高砂町6 江別市役所庁舎 B1F
TEL:011-382-4141
11:30-14:00(土・日・祝休み)

2013.01.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。