スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

これはおすすめ!江別の穴場ランチ 「農家のかあさん食堂」

それほど期待してなかった・・・ いや、誤解のないように言っておくが、江別『農家のかあさん土曜市』「まるごと江別ワンコインランチ」を知っているだけに、食べる前からなんとなくイメージできてしまっただけのこと。

江別『農家のかあさん土曜市』実行委員長の岡村恵子さんから数日前にアナウンスがあり、12/3(月)より江別市役所地下の『福利食堂』で、農家のかあさんが考案したレシピをもとに、ベテラン職員さんが調理した農家自慢の料理がマンスリーで味わえると言うのだ。

今月は当人=岡村さんの考案した「はるちゃんのハヤシライス」。まずは一度行って、食べてみなければ話にならない!

ということで、12月6日(木)現場にやって来た。もちろん『福利食堂』自体初めて。その存在すら知らず、江別市民会館にあると勘違いしてウロウロ。。。皆さん、市民会館ではありません、市役所です!

市役所にランチを食べに行くというのは、相当のモチベーションがない限り、一般市民にとってハードルが高い。つちも隠しきれない不安を胸に、地下へと続く階段を降りた。

エントランスは、いかにも「食堂」のイメージに相応しい。しかし一歩店内に足を踏み入れると、「いらっしゃいませ!」と明るい声がかかる。綺麗にカールした前髪を、ほんの少し三角巾からのぞかせた清楚なマダムが、にこやかに迎えてくれる。

「あの・・・ハヤシライスまだありますか?」と訊ねると、今日はまだありますとのこと。実はこのメニュー、毎日20食限定なのだ。スタートから3日間、いまのところ完売となっているそう。今日は13:00頃にもかかわらず残っていてラッキー♪

食券を買って厨房に渡す。社食のシステムだ。インテリアは昭和~だけれど(もちろんテレビジョン放映あり)、なかなか明るくて気持ちがいい。洗面台にペーパーも備え付けられているし、何より「禁煙」がいいね!
       農家のかあさん考案特製メニュー『江別市役所福利食堂』 農家のかあさん考案特製メニュー『江別市役所福利食堂』はるちゃんのハヤシライス


入念に手洗いしていると、ほどなくして「はるちゃんのハヤシライス」登場!最初に目につくのはトッピングの大豆。いかにも”農家製”といった感じでいいね、いいね!

まず1口目でいきなり瞠目した。「米が上手い!」から。”それなりの”洋食屋でも、カレーやハヤシのルウにはこだわったとして、ご飯が劣らず美味しいと思える店にはなかなかお目にかからない。こちらはそれ位際立って美味しい。

ご飯は江別の米処として名高い『巴農場』産のななつぼしを、ガス釜で炊いているそうだ。このモチモチ感と甘みのあるご飯だけでも価値がある。

2口目でハヤシの鮮明な個性に目の覚めた。融かしバターのまろやかさ、主役の「はるちゃんケチャップ」の酸味、そして甘みが次々に口の中で花火を上げているよう。

そんなに各所でハヤシライスを味わっているわけではないが、どっしりとコクがあるというわけでも、さっぱりと後に残らないわけでもない、こんなにもフレッシュで力強い味わいは他にはないのでは?やはりこれは家庭の手作りの味であり、商業的に作られたものではないのがよくわかる。

ちなみに食材は『はるちゃんのケチャップ工房』のケチャップとトマトピューレ、『北川農場』のしいたけ、『高田農場』の玉ねぎ、『巴農場』の米と大豆(ゆきぴりか)と、江別産オールスターズだ。

この「ハヤシライス」は今月いっぱい。来月は江別『米村牧場 チーズ工房 プラッツ』米村千代子さん考案メニューが登場するそう。いや~またディープな江別の魅力が増えた。いいね!


『福利食堂』
江別市高砂町6 江別市役所庁舎 B1F
TEL:011-382-4141
11:30-14:00(土・日・祝休み)

※年内は12/28まで。来月は1/4から営業予定)

2012.12.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。