スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

江別・大麻『自然卵のクレープ』♪

久しぶりに「クレープ」を食べた。カッコ書きにするのは、フランス料理店で頂く「クレープ・シュゼット」云々の類ではなく、今はお馴染み、様々なトッピング(フィリング?)のされた華やかな紙巻クレープを意図しているから。

久しぶりも、云十年前のこと。日本の「クレープ」発祥の地と言われる原宿の竹下通り入口に立つ、スタンド式クレープ専門店を見て、”これは食べてはいけないもの”と何故か子供心に思ったものだ。魅惑的なものには甘い罠があると本能的に感じたのか?それにしても捻くれた幼少時代だったこと!でもその頃は「クレープ屋とは何ぞや?」という時代だった。その後1度買って食べたが、「何だか甘いな~」くらいしか印象になかった。

それからというもの、あの「クレープ」には縁がない。「竹下通り」より「巣鴨地蔵通り」の年齢になると、尚更食べる機会もない。

前置きが長くなったが、それくらいつちにとってハードルが高かった「クレープ屋」に行って来たのだ。江別の”地どりたまご”で有名な『くろかわFarm』黒川さんから、つい数週間前にオープンした「クレープ屋」の情報を頂いた。その名も『自然卵のクレープ』
       江別『自然卵のクレープ』外観 江別『自然卵のクレープ』大沼あかねさん


大麻駅前の歩道橋を渡った先、「大麻駅南口」バス停の目の前に、コンパクトな、でもスタンドではなくちゃんと屋根付きの可愛い店を見つけた。

お店に入ると、ニコニコといかにも人懐こそうなオーナーの大沼あかねさんが迎えてくれてホッとする。大沼さんは出身の宮城県で10年近くクレープの移動販売をされていたという。ご本人も曰く「クレープ一筋」の方なのだ。
       江別『自然卵のクレープ』1 江別『自然卵のクレープ』2
さすがにその手際は鮮やかで、注文をしようとした瞬間には既に鉄板に生地が流し込まれ、受け答えしながら素早くトンボで円を描くともうクレープ生地の形が出来上がっている。

33種類のトッピングに3種類のクリーム(ホイップクリーム、カスタード、クリーム&カスタード)の組み合わせで99種類のクレープがある中、なるべくシンプルそうな「ハニーバター」を選んだ。
       江別『自然卵のクレープ』3 江別『自然卵のクレープ』持ち帰り
店内には椅子がない(お店の前にはボックスチェアが2個ある)ので基本的に皆さんテイクアウトのようだが、つちはその場でさっそく頂くことにした。

生地の端っこをかじった一口目は”甘くない”! そして2口目、味より生地の食感に驚く。求肥のようにしっかり歯応えがあるが滑らかでクリームと一体感のある不思議な食感。赤ちゃん肌のように舌にピタッと吸い付く(試したことはないが・・・)しっとり感。他で食べないので比較はできないが、これは特筆すべきクレープではないだろうか。

あかねさんはもともとお菓子づくりが大好きだったそうだが、「クレープが一番好評だった」ということでクレープ屋を始めたそうだ。店名はクレープ生地の決め手はやはり卵という持論から。抗生物質などを投与しない平飼いの卵を使うことにこだわっている。黒川さんとは親しくされているが、『くろかわFarm』の卵は業務用卸をしていないので、江別・八幡『まーむのさと』の卵を使っているそうだ。

ところでこのクレープ、あかねさんが言うように「学生サイズ」でかなりのボリューム。それを店内で平らげる間に必然的に色々な話をすることに。最初は「なぜクレープ屋を?」、「卵へのこだわりは?」などとこちらから質問を投げかけていた筈だったのが、気が付くとこちらが質問に応える方へ形勢逆転。

「私、久しぶりに人と話しました~!」と他愛ない会話にも嬉しそうなあかねさん。えっ、そんなわけないでしょう・・・と思いつつも、彼女の人柄が滲み出た一言だった。その場で1枚1枚焼き上げて直接1人ずつ手渡す、「クレープ屋」という職業はこの人の天職なのかも知れない。

原宿クレープ発祥から36年、「クレープ屋」はギャル・コギャル御用達以外にも様々な進化を遂げていると知った。


『自然卵のクレープ』

江別市文京台東町11-27
TEL:090-6257-6184

13:30~19:30(日曜定休)

2012.08.02 | | Comments(2) | Trackback(0) | 江別

コメント

ここに行きました!!

とっても美味しかったです^^

絶対また行きますよ!!ってかもうリピーターだったんだw

2012-10-27 土 08:19:35 | URL | 14番目 #TIXpuh1. [ 編集]

14番目さま

コメントありがとうございます!

是非リピ買いしてください。

その際は大沼さんとおしゃべりもしてみてくださいね。とても純粋な方です。

2012-10-28 日 19:03:13 | URL | つちばく #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。