スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

千歳「花工房あや』のガーデン計画

さて千歳に来たのはコレが目的だった。昨年のクリスマスに生ひばリースづくりを体験させて頂いた千歳『花工房あや』で旬のハスカップを友人に発送。
       千歳「花工房あや』のハスカップ 千歳「花工房あや』キンちゃん
入口で保護色(灰ではなく銀色)のネコに遭遇。なんちゃらナンチャラ・・・という異国のネコ種。気位の高そうな・・・と思ったら名前は「キンちゃん」。でも「金太郎」の”キン”じゃなくて、「キング」の”キン”だった。千歳には「女帝」(前述)だの「キング」だのがゴロゴロ転がっているので、足元に注意して歩かないと・・・


ところでつちもハスカップを少しばかり自分用に確保したので、岡本あや子さん手作りの「我が家流・・・・レシピ」をもらい、実践してみた。

あやさんによるとハスカップ加工の原則は次の2点。

 其の一  ハスカップは洗うべからず
        洗うと色・味が落ちる。無農薬栽培で不純物が入らないように収穫は厳格に行っている。

 其の二  ハスカップは冷凍するべし
        一度冷凍すると皮の組織が壊れて加工しやすくなる。


この原則に従い、レシピのハスカップシロップを作ってみた。やり方は容器にハスカップ1/3、砂糖1/3、ハスカップ1/3、砂糖1/3と3回重ね、そのまま常温に置いておく。砂糖が溶け実が全て上がってきたら濾して出来上がり。さらに残った実はジャムに出来るという二度おいしいレシピだ。
千歳「花工房あや』2012.7 千歳「花工房あや』2012.7-2
さて千歳『花工房あや』は花の収穫と乾燥の日々で大忙し。基本的に栽培している花は全てドライフラワー用だが、景観にも配慮して植え付けを行っている。
       千歳「花工房あや』オレガノ 千歳「花工房あや』2012.7-4
あやさんに案内してもらって畑を歩くと、何やら甘い香りが漂ってきた。オレガノの花だそうだ。こちらはハーブとして使う種類とは別で、ピンクの綺麗な花をドライに使うとのこと。お隣の花は・・・なんだっけ?私に花の名を聞かないでください。。。

ドライフラワーの需要動向(流行)、連作回避、景観のバランスを考えながらの栽培方法、そして乾燥方法など、あやさんは全部独学だ。今日も耳元にはターコイズブルーのイヤリングが揺れ、指先は鮮やかなネイルアートで彩られている。露骨にカメラを向けられなかったので写真でご紹介できず残念。それにしてもパワフル~!

「でもね、自分が楽しむ余裕がないの。」とあやさん。最初は花を育て眺めること自体が自分の歓びだったのに、今はお客様が来るから綺麗にしなければという、義務感みたいなものに置き換わってしまったという。
       千歳「花工房あや』蓮池 千歳「花工房あや』2012.7-3
しかし悩みつつ次の段階へと前進中だ。間もなく8月下旬になると、敷地内にある蓮池に美しいハスが咲く。それを見に毎年お客様がやってくるそうだ。あやさんはその方々のためにちょっとした寛ぎのスペースを造成中。そしてドライフラワー用の畑を少しずつ鑑賞用ガーデンに整備していくつもりだそうだ。

蓮池にはカワセミもやってくるとか。前進中の千歳『花工房あや』にその頃また来てみよう。

2012.07.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。