スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

ひと月遅れのナンタケットバスケット

グルメではなくクラフト話題が続きます。

4月からあらためて挑戦しているナンタケットバスケット、オーバルのトートバッグ。5月は”切腹”のため参加できず、ひと月遅れで進行中。前作とは大きさも形もランクアプして一苦労。前回の教室では1段で時間切れになってしまったのを、宿題で56段までなんとか編み上げた。
       『ナンタケットバスケット教室』6月-1 『ナンタケットバスケット教室』6月-竹島先生作品


他の受講生の皆さんはとっくに完成したようで、次の作品にとりかかっていた。今度は見本の蓋つきオーバルに挑戦している模様。

オーバルの難しさは、短い弧の部分が長い弧の部分より底部のカーブが深いというところ。普通に編んで行くと、横糸が底部と平行にならないので、短い弧のカーブ部分は上下の間隔を少しずつ広げて編まなければならない。ここのところ、初心者はかなり神経をすり減らすことになるのだ。かくしてまた肩の凝る毎日だった。

オーバルトートは型抜きも難易度が高いということで、そちらと上部の枠はめ込みは竹島泰子先生がやってくださった。本日のつちの作業は枠の固定のための釘打ちから。
       『ナンタケットバスケット教室』6月-2 『ナンタケットバスケット教室』6月-3
歯科医師が使うような電動器具にて慎重に穴を開ける。そこへピンのようなミニ釘を打ちこんでいく。これもまたなかなか真っ直ぐに行かないものだ。取っ手部分にも大き目の穴を開けておく。
       『ナンタケットバスケット教室』6月-5 『ナンタケットバスケット教室』6月-6
余分な縦糸部分を慎重にカットし滑らかにヤスリをかける。さらにカットした部分が見えなくなるようパーツを当ててらせん状に止めつける。

ここまで来ると完成図が見えてきて、思わずニンマリ。

次回はハンドルを付けて仕上げに入る。バスケットの季節もやってくるし、先日の『RIPOSO.』シャツもあることだし・・・完成が待ち遠しいな~。

2012.06.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。