スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

GWの恒例行事は何?

あっと言う間にGWも後半。皆さん、有意義にお過ごしでしょうか?

ところで我が家でGWと言えば=「大掃除週間」を意味する。冬の間放置されていた窓とベランダを清掃し、布団や洗濯物を太陽の下ではためかせる、待ちに待った解禁日でもある。この解放感はどんな娯楽にも勝るとも劣らない。

とは言え、明らかに肉体を酷使する労働には変わりないので、やはり達成後の楽しみをぶる下げておくという演出も欠かさない。

その”楽しみ”というのがここ数年変わらない。北広島の1軒家ビストロ『ル・ミディ』で寛ぎのディナーに舌鼓を打つことだ。

西の里の静かな住宅街にひっそりと佇む店。以前大谷地で営業されていたとのことだが、6年ほど前にこの地に移転。シェフとマダム自ら大工道具を手に民家を改装して再スタートしたそうだ。

今年も一汗かいて、ひとっ風呂浴びて、30分ほど車を走らせやって来た。夕時、都会(?)の喧騒から離れる逃避ドライブも痛快だ。
       北広島『ル・ミディ』にんじんのラペ 北広島『ル・ミディ』パテ・ド・カンパーニュ


「今日は食べるぞー」とア・ラ・カルトメニューを確認したものの、オーダーは殆どあらかじめ心に決めている。アントレは「にんじんのラペ」。ご覧の通り「山」である。これを見るなり連れはさっそくニンマリ顔を綻ばせる。ブラボー、これぞビストロ!

続いては「パテ・ド・カンパーニュ」。充分な「厚み」。やっぱり”田舎風パテ”はこうでなくちゃいけない。そして色々な店で「パテ・ド・カンパーニュ」を試してきたが、ここのが一番しっくり来る。食べ飽きないというか、最後はやっぱりここに帰ってきてしまうのだ。この日も変わらぬ懐かしい味にホッとした。
       北広島『ル・ミディ』サバの燻製サラダ 北広島『ル・ミディ』仔牛レバーのソテー
ここまでは毎回の定番。今回初挑戦したのは「サバの燻製サラダ」。サラダと言っても殆どメインの魚料理くらいのボリュームがある。

芳しい薫香を燻らせる分厚い身のサバはさっぱりとしていて、酸味の効いたドレッシングと自家製パンと一緒に食べれば、これはもうフランス風サンドイッチのベストコンビネーションである。

さてメインは欲張って2つ。1つは既に決まっている。「仔牛レバーのソテー」。これを食べずして何とやら。『ル・ミディ』のスペシャリテとしては、夏の「ウニのパイ包み焼き」が有名なのだが、冬はやはりこれと言いたい。艦船のような圧巻の迫力。カリカリに炒めたニンニクパン粉も殆どソースの如くゴージャスに降り注がれている。味については的確な表現が見つからないのであえてノーコメント。「ともかく食べるべし!」なのだ。
       北広島『ル・ミディ』鹿ミンチ肉のパイ包み焼き 北広島『ル・ミディ』ミントのシャーベットとラベンダーのアイスクリーム
もう1つは初挑戦の「蝦夷鹿ミンチ肉のパイ包み焼き」。こうして頂くと蝦夷鹿肉の甘みを強く感じる。ラストを飾るに相応しいクラシックフレンチ王道の味。

デセールはさっぱりと「ミントのソルベとラベンダーのアイスクリーム」の組み合わせを頼んだ。なんとミント、ラベンダーともに自家栽培のもの。特にミントなどは市販のエッセンスなど化学的な香りを使ったものとは全く別物。シャルトリューズ・リキュールを思わせる高潔な香りで、まるで緑の風が体内を駆け巡るような感覚を覚えた。

ビストロ基準の厚みと高さ、香りや食感の繊細さ、ごまかしのない丁寧な手仕事で最初から最後まで楽しませてくれる大満足な店。これが毎年この時期にこの店にやってくる理由である。

それと溌剌としてキュートなマダムの笑顔も忘れてはならない。これは最高のご馳走。シェフは殆どホールに顔を出すことはないが、実は相当の”いい男”。ご実家は利尻のウニ漁師とのこと。然るに「ウニのパイ包み焼き」はスペシャリテなのである。

今度は盆時期を「夏の大掃除」に当てて、”ウニパイ”をご褒美にぶる下げようか。いずれにしてもつちにとって特別な店であることに変わりはない。


『ル・ミディ』

北広島市西の里北2-10-1
TEL 011-375-5331

11:30~14:00、18:00~22:00(L.O.21:00) 
水曜・第3火曜定休

2012.05.04 | | Comments(0) | Trackback(0) | 出張報告!

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。