スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

江別の隠れ家・創作イタリア料理『リストランテ薫』

永らく行きたいと思いながら、機会を逃し続けたところへ行けた時は、かさぶたが取れた時のようにスッキリ!・・・って、例えが相応しくないが、江別創作イタリア料理『リストランテ薫』からの帰路はそんな気分だった。

3月11日(日)一昨年のオープン以来気になっていたこの店をついに訪問。噂には聞いていたが、外観は全く普通の住宅。大きな玄関で靴を脱いで上がる(スリッパはありません)と、陽射しがたっぷり降り注ぐ空間にゆったりと席が設けられている。オープンキッチンからは美味しそうな匂いが流れてきて鼻をくすぐる。いい時間を予感させる序章。

前菜+パスタ+フォカッチャ+デザート+ドリンクの1500円ランチ(ドリンク以外はフィックス)を頂いた。
       江別創作イタリア料理『リストランテ薫』店内 江別創作イタリア料理『リストランテ薫』熟成タスマニアサーモンの低温焼き


ミニマムなランチを想定していたらいきなり前菜で覆された。これが前菜、「熟成7日目のタスマニアサーモンの低温調理」との説明。どう熟成させてどう調理しているのか、中まで火は通っているのだが、見た目と食感は全くレアだ。トロトロ好きには垂涎の的だろう。厚みのある一切れで、前菜というよりメイン料理のイメージ。添えられていたミニトマトのマリネも印象的だった。ランチの前菜にここまで腕を見せるとは。シェフの人物像に触れた気がする。
       江別創作イタリア料理『リストランテ薫』フォカッチャ 江別創作イタリア料理『リストランテ薫』海老とズッキーニ、ジャガイモのリングイネ
きめ細かな断面の「自家製フォカッチャ」は、サックリとした食感でほんのり甘くお菓子のようでもある。やはり丁寧な仕事を感じさせる。

パスタは「海老とズッキーニ、ジャガイモのリングイネ」。クリームソースだが薄味で意外にあっさりしていた。しかしボリュームは十分!
       江別創作イタリア料理『リストランテ薫』ティラミス 江別創作イタリア料理『リストランテ薫』長谷川稔シェフ
デザートは「ティラミス」。チョコレートのアイスクリームも付いて、こちらも豪華だ。ドリンクは選べるが、「自家製パイン酢ジュース」なるものもあり、なかなかユニーク!

若き長谷川稔シェフは、札幌~東京で、”自分でも思い出せないくらい”多くのレストランを渡り歩き、一昨年にこの江別でオーナーシェフとして独立した。短い会話ではあったが実直さを感じた。ここ数日仕込のために自宅に帰らず泊まり込んでいるらしい。先程の「熟成サーモンの低温調理」もそんな具合に手をかけられていたのだろう。調理法を聞いてみたい気もする。いや、しかし、止めておこう。

やっと念願叶った快感と同時に、久しぶりに若き料理人の心意気に触れ、清々しい気持ちで店を出た。今度はディナーで訪れたい。


創作イタリア料理『リストランテ 薫』
 
江別市野幌寿町24番地6
tel&fax 011-375-6062

定 休 日:火曜日/第1・3月曜日
営業時間:ランチ 12:00~15:00(LO14:00)、ディナー 18:00~22:00(完全予約制)

2012.03.16 | | Comments(2) | Trackback(0) | 江別

コメント

行ったんですね。ついに。
リサーチありがとうございます。
今度私も連れて行ってください。

2012-03-19 月 23:28:29 | URL | yumico1201 #MBN2DyBI [ 編集]

yumicoさま

予行(?)で行ってまいりました。
今度はもちろんyumicoさまとご一緒に!

とっても素敵なシェフでしたよ。

2012-03-23 金 19:54:26 | URL | つちばく #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。