スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

今季最後の「江別サタデーマーケット」終わる

3月10日(土)、江別の冬の風物詩=「江別サタデーマーケット」も今日が今季最後の開催だ。

本日はあっぱれな天候に恵まれ、今まで外出を敬遠してきた人が一斉に動き出したかのごとくオープンから大賑わい。売り場ではいつも以上に多彩なメニューが出迎えてくれた。
       「江別サタデーマーケット」2012.3.10『シェ・キノ』特製幕の内 「江別サタデーマーケット」2012.3.10『シェ・キノ』カレー de ドン
今回の目玉は、フレンチ『シェ・キノ』とイタリアン『ダイニング 木の家』の江別美食の双璧の出店。『シェ・キノ』の売り場は、名物「江別キッシュ」や豪華な「特製幕の内」ビーフシチュー、チーズケーキやプリンなど充実の品揃い。しかし何といっても注目はこの、「カレー de ドン」(いや、「ドン de カレー」・・・だったかな?)だ。

木下淳シェフがオリジナル米粉のロールケーキ「米・米ロール」でもタイアップしている、豊幌『山本農園』製のお米のドンを使って、江別流新しいカレーの食べ方を提案するという意欲作。


こちら、食べ方に”流儀”がある。カレーとドンは其々別の容器に入っており、ドンをスプーンで掬う。そしてカレーに浸すや否や、ドンをカレーの中に泳がせることなくそのまま口へ運ぶ。そうしてカレーの刺激とサクサクのドンの食感を同時に味わうのである。一たびドンをカレーの中に放ってしまうとこの食感はうたかたとなってしまうのでご注意。とてつもなくジャンキーで”B”な食べ方なのだが、ドンは正真正銘江別産、カレーは木下シェフ曰く”本格ヨーロピアンテイスト”とのこと。(ヨーロッパのカレーって・・・?)
       「江別サタデーマーケット」2012.3.10『ダイニング木の家』豚飯カツ 「江別サタデーマーケット」2012.3.10『木の家』カンノーリ
『ダイニング 木の家』からは”EBE-1グランプリで”惜しくも”入賞を逃した”という頭書きの「豚飯」にカツがプラスされた、思いっきり”B”なメニューが登場。これがコンビニ弁当だったら、ちょっと女子がレジに出すのを躊躇しそうな組み合わせだ。

「それ、なぁに?」と注目を集めていたのは、シチリアの郷土菓子「カンノーリ」。『木の家』特製のは、生地がコーヒー風味でリコッタチーズには白ワインの香り、甘さ控えめで、こちらは”B”ではなく、とっても”大人”だ。
       「江別サタデーマーケット」2012.3.10『はるちゃんのケチャップ工房』トマトほうとう鍋 「江別サタデーマーケット」2012.3.10『はるちゃんのケチャップ工房』ケチャップで寿司飯
さて母さんたちも負けていない。『はるちゃんのケチャップ工房』では「トマト鍋の素」を使った手打ちほうとう鍋を試食に振る舞っていた。”ほうとう”は太めの平打ち麺を煮込んだ山梨県の郷土料理で、カボチャが入るのでかなりドロリと重い。今回の試食用もカボチャは入っているが、主役はトマトなのでさっぱりとして全く別の味わい。しかもさすが北海道!アサリまで入っている。これがしっかり歯応えのある手打ちほうとう麺と好相性だ。

さらに意欲的にもう1つ、ケチャップを酢の代わりにつかった海苔巻の試食も用意されていた。酸味と同時に甘みもあるので、酢のように尖っていない。お子様の海苔巻には最適かもしれない。
       「江別サタデーマーケット」2012.3.10『はるちゃんのケチャップ工房』りんごジャム 「江別サタデーマーケット」2012.3.10『エムアイ工房』ミニトマト・バジルパン
新商品は「リンゴジュースで煮たりんごジャム」。この通りシナモン香るりんごがゴロゴロ入っていて、これはもうジャムというかお菓子である。りんご、リンゴジュースともに岩見沢産とのこと。これ、そのままアップルパイの中身に使える。

『エムアイ工房』のこちらのパンは「ミニトマト+バジル」。ミニトマトのジュースで仕込んでバジルとレーズンを練りこんであるという手の込みよう。その力作ぶりにも惹かれたが、惚れ惚れするくらいツヤが良くて美しかったので手に取った。食べてみたら案の定生地が伸びやかで、健康で素直に育ったパンといった感じだろうか。
       「江別サタデーマーケット」2012.3.10『エムアイ工房』長いも団子桜風味 「江別サタデーマーケット」2012.3.10『エムアイ工房』3色団子
前回も感動の涙した「長いも桜ぜんざい」は、装いも新たに桜の花の塩漬けでドレスアップ。さらにお隣には3食団子が!こんな遊び心に”女子力”の頼もしさを覚えるのだ。
       「江別サタデーマーケット」2012.3.10江別『米村牧場 チーズ工房 プラッツ』新ワインドチーズ 「江別サタデーマーケット」2012.3.10横山禎子さんの裂き織
『米村牧場 チーズ工房 プラッツ』からはワインの滓に漬けた「ワイン・ドゥ・チーズ」のニューバージョンが登場。既存のものよりさらに柔らかく食べやすい。酵母発酵したパンのような香りがする。

クラフトも1つご紹介。横山禎子さんの裂き織ポーチ。機織りはつちもいつか体験してみたい憧れの1つ。貴重な伝統工芸である。

そして締めはこの方々の笑顔(・・・じゃないのもあるけど)。
       「江別サタデーマーケット」2012.3.10『シェ・キノ』木下マダムと槇さん 「江別サタデーマーケット」2012.3.10『木の家』木下二三男シェフ
『シェ・キノ』の綺麗処に、「二三男デラックス」(と本人がおっしゃってました。ちなみにこの顔、鏡を見ながら練習しているとのこと。)
       「江別サタデーマーケット」2012.3.10『くろかわFarm』黒川大地さん 「江別サタデーマーケット」2012.3.10『ハッピーエコクラフトサークル』澤田操さん
江別の美男・美女!
 「江別サタデーマーケット」2012.3.10『エムアイ工房』 「江別サタデーマーケット」2012.3.10『とまと倶楽部』
3姉妹に4姉妹!

楽しかった「江別サタデーマーケット」が幕を下ろしたら、いよいよ農家の本業モードに切り替わる。ある”農業男子”の言を借りれば、数か月先、田植えの時期にはクライマックスを迎え、”殺気立つ”のだそうだ。

新しいシーズンの幕開けを感じさせるこの時期は、つちが最も好きな北海道の時間である。

2012.03.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。