スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

当別はマクロビオテックの先進地?~『自然食カフェ おひさま』

ブログ更新が滞っている間に1か月以上も前のこととなってしまったが、当別に今年4月オープンした『自然食カフェ おひさま』を訪れた。

このカフェ、11:00~16:30(ランチは11:30~)と、まさに”おひさま時間”のみの営業。さらに土日祝はお休みという、なかなか遠隔者にはハードルの高い設定。

というのも場所が場所、何と「当別町役場」内にあるのだ。したがって役場オープン中のみの営業。そういう幾多の条件を突きつけられると、かえって人は無性に行きたくなるものである。やっとおとずれた平日昼間の空白の時間、チャンス到来と意気込んで出かけた。
              当別自然食カフェ『おひさま』


総合体育館を町役場と間違えたり、役場内でも右往左往しながらの”一人オリエンテーリング”の末、やっと辿り着いた『お日さま』は、役場の中とは思えない和やかな空気が溢れた空間だった。

お腹も空いていたし、さっそく店自慢の「おひさま定食」を頂く。マクロビオテックをテーマとした店なので、メニューは動物性食材を使わない”ベジー”。それだけにユニークな料理が色々。
       当別自然食カフェ『おひさま』おひさま定食 当別自然食カフェ『おひさま』カキの食感フライ
この日のメインは「カキの食感?なフライ」。確かに見た目も味わいも”カキのような?”である。

お聞きすると、木綿豆腐に海苔の佃煮、青海苔、舞茸のみじん切りのブレンドが、この”カキのような?”の正体。物凄い工夫!?
       当別自然食カフェ『おひさま』玄米 当別自然食カフェ『おひさま』バナナマフィン
その他にも丁寧に調味された5つのサイドメニューが添えられ、味噌汁、ご飯がセット。ご飯は玄米か雑穀入り白米を選べる。ご飯の美味しさもここのウリ!

食材は道内及び全国の”こだわり”生産者の、オーガニック、減農薬のもの”にこだわって”チョイス。しかし”こだわり”はそれだけにあらず。竹炭、折り鶴ランなどを置き、店内空気を浄化。

水は、多くの自然食レストランで使われているという浄化器にて浄化。

器は「森修焼」という、有害物質を含まない高純度天然石で作られたもので、遠赤外線やマイナスイオン発生効果があるという。

すごい!これを”こだわり”と言わずして何と言おう。

さてさてマクロビスイーツもご紹介。写真を撮った直後に売り切れた(従って食べていない)巨大「おひさまマフィン」
       当別自然食カフェ『おひさま』アップルパイ 当別自然食カフェ『おひさま』熊坂貴子さん
「アップルパイ」も、大ぶりなワンカットでぎっしりフィリングが詰まっている。マクロビスイーツは、甘さ控えめなのにずっしりしているから、とても食べ応えがある。

オーナーは神奈川から当別のスウェーデンヒルズに移住されてきた熊坂貴子さん。自らを「健康オタク」と呼ぶ、まさに自然体の方。

熊坂さんがマクロビオテックに”こだわる”ようになるまで、色々な変遷があったようだ。最初は”いいもの”=高級食材という価値感からスタートした”ホンモノ”探しも、極めるほどに余計なものを削ぎ落とし、シンプルで明らかなものへと落ち着いたようだ。

折しも当別駅前に『地域共生型オープンサロン Garden 』がオープンし、「1日コックさん」を募集していたのを知り、当初から参加。自らが納得した”いいもの”を、提供し広める活動を始めたのだ。

そして3年間の「1日コック」での経験をもとに、自分の思いを結実させたこの『おひさま』をオープンした。今、特に小さい子供を持つお母さん方に情報発信して行きたいそうだ。そんな熊坂さんの自己実現の場として、「役場」という立地は適しているのだろうか?

「役場には色々な人が来るし、(マクロビオテックに)関心のない人でも、ついでにふらっと寄ってもらえるのがいいと思います。」

徹底したこだわりを持ちながらも、肩の力が抜けた熊坂さんの姿を見ていると、何だか不思議な安心感に包まれる。

今後の夢は、マクロビの料理教室をここで開くこと。次回は「役場内の料理教室」というレアな現象についてレポートしてみたい!

それにしてもこの『おひさま』に、東裏小学校の『cafe工房そよ風とつむじ風』・・・当別はマクロビオテックの先進地なのかも!?


『自然食カフェ おひさま』

当別町白樺町58-9 当別町役場 3F
tel 050-3514-4010
11:00~16:30(LO16:00)※土日祝は休み

2011.08.14 | | Comments(4) | Trackback(0) | 出張報告!

コメント

ベジーな御馳走♪

「北海道の自然食カフェ」…なんて、もうその言葉の響きだけで、広い大地、青い空、白樺の林を吹き抜ける風…というイメージが目の前に浮かんできて…
おいしい上に、カラダにもココロにも「効く」モノをいただくことができそうな、
そんな期待に胸がふくらんでしまいます…!

こちらの「おひさま」では、そんな期待に120%応えてもらえそうですね。
ランチもスイーツも、ほっこりと心なごむ味わいが写真からも伝わってきて、本当においしそう&癒されそう…!♪

それにしても、店内の空気と水のみならず、器にまでとは…本当にすごい「こだわり」ですね!

町役場内での料理教室も、実現の暁にはさぞ楽しいものになるだろうなぁ、とワクワクです。
異色のレポートを読める日を、今から楽しみにしています…!

2011-08-17 水 22:55:36 | URL | さざぴ #d819E29w [ 編集]

さざぴさま

町役場の中にカフェをオープンできるなんていうニュースも、北海道らしくていいですよね。

そんなおおらかな土地の空気、オーナーの人柄、全てが自然食って感じです。

料理教室も楽しみです♪

2011-08-20 土 16:15:06 | URL | つちばく #- [ 編集]

残念!!

土日祝お休みなんですね。。。
義母に教えてあげます。

2011-08-20 土 22:43:01 | URL | ありさ #- [ 編集]

ありささま

そ、そーなんです。平日のみなのでハードルは高いです。。。

ワサワサした感じがなく、地元の人が和みに来ていて、とても落ち着けます。

機会あったら是非行ってみてください。

2011-08-27 土 16:43:51 | URL | つちばく #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。