スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

厚岸の牡蠣も被害、でもきっと立ち直る!

今回の震災による津波で、牡蠣の名産地=厚岸の漁業被害額が30億にもなると報道された。

厚岸と言えば、あの奔渡町七丁目のキヨシ、中野清さんはどうしているだろう。
気にかかり電話をするが数日繋がらない。心配していたところへ本人から連絡があった。まずは一安心。
       厚岸・中野清さん 厚岸漁協の「カキえもん」
しかしキヨシの「カキえもん」(純厚岸生まれのシングルシード牡蠣)は、やはり全て流されていた。昨年から手掛け始めたホタテも、「いっしょくたに流された」そうだ。

「厚岸の牡蠣」の大半は宮城県から稚貝を購入しているため、その購入先を広島の方へ求めるなど、今後の対応を急いでいるようだ。キヨシさんの純厚岸生まれ「カキえもん」は、稚貝を地元の「カキ種苗センター」で育てているため、今後育てる種は確保できている。

しかし当面売るものが何もない。最短でも1年4ヶ月の養殖期間を牡蠣なしで凌がなければならない。

それでもキヨシさんは、「暖かくなったらさ、遊びに来い!桜祭りの頃がいいぞ。」と声をかけてくれた。
きっと今まで何度も苦しい局面を乗り越えて来たであろう、厚岸の漁師。きっと今回の困難も乗り切って、もっといい「カキえもん」を作ってくれるに違いない。

頑張れ、キヨシ!!

2011.03.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 出張報告!

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。