スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

当たり前の日常

あっと言う間に起きた震災被害の状況が、もどかしい程の時間をかけて、じわじわと明らかになって行く。

ブログを書く気にもなれないくらいだから、日本全国皆、意気消沈。旅行や食事、買い物、楽しい一時を過ごすのも気が引ける状態だろう。海外では日本への渡航自粛を呼びかけているそうだ。

支援物資を届ける物流ルートも寸断されている。私達に出来ることと言ったら、わずかな義援金の寄付くらい。でもある人が言った。「今我々がやるべきことは、日常の生活を普段通りに送ること。」

自粛や減退ムードばかりが進むと、商業者や生産者さんの生活を苦しめることにもなりかねない。そんなことは被災者の方々も望んでいないだろう。

いつどんなことが自分の身に降りかかってくるかわからない。当たり前の日常を、誠実に噛み締めながら精一杯送る。それが今一番やらなければならないことだ。

被災者の方々へ謹んでお見舞い申し上げます。

2011.03.15 | | Comments(2) | Trackback(0) | 未分類

コメント

同感です。

>自粛や減退ムードばかりが進むと、商業者や生産者さんの生活を苦しめることにもなりかねない。そんなことは被災者の方々も望んでいないだろう。

本当にそうだな…と思います。
もちろん、震災の犠牲になられた方々、今現在つらい避難生活を送っている方々の苦しみに思いをかさね、
自分だけが楽しい思いをするなんて許されないことだ!と思ってしまうのも、
人間の心の動きとして自然なことであるし、大切にすべきものだとは思うのですが…。

連休も、外出や旅行を控えて自宅で過ごす方が多くなることでしょう
(私も、参加予定だったイベントがひとつ、中止になってしまいました)。
レジャー産業にとっても大きな痛手ですよね。

日本経済を危機に向かわせないためにも、
やはり今こそ当たり前の日常を過ごすよう心がける、というのは大事なことだなと感じています。

…と、このコメントを打っている間にも、小さな余震が…。
(-.-;)

2011-03-19 土 01:24:38 | URL | さざぴ #d819E29w [ 編集]

さざぴさま

そうですね。心境としては複雑ですが、元気な人が被害を受けた人の分まで元気に頑張って、もし商売で儲けたらその分、被災地に何かしてあげようという位な気持ちも大事ですよね。

被災地もやがて立ち直るでしょう。その下地を皆で作っておかなければ・・・

2011-03-19 土 18:06:59 | URL | つち #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。