スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

江別マダムのサロン?『カフェ・ド・サンレモ』

3月8日(火)久しぶりに『ケータリング美利香』メンバーが総会(??)という名目で集まった。

千歳、厚田、札幌、江別のメンバーが集まるとなると、やはり地理的に江別ということになる。

今回はメンバーの誰もが足を踏み入れたことのない場所をミーティングポイントに設定した。
       江別・文京台『カフェ・ド・サンレモ』店内 江別・文京台『カフェ・ド・サンレモ』店内2
『カフェ・ド・サンレモ』。「サンレモ」といえば、音楽祭でも有名なイタリア半島は膝小僧にあたるリグーリア州(あの「トロフィエ」発祥のジェノヴァと同じ州)の町の名。

陽気でハイテンションな店かと思いきや、大理石の床(?)、アールヌーヴォー調や螺鈿細工の家具、ストーンモザイクの絵などなど、店内は重厚な調度品で飾られたクラシカルな空間。カフェと言うより「サロン」と言った雰囲気だ。こんな中、我々『ケータリング美利香』メンバーはなかなか落ち着いて座ることができなかった。。。


しかしオーナーのイデ妙子さんはとても気さくな方で、すぐにかしましい一行と話が弾み出した。
       江別・文京台『カフェ・ド・サンレモ』キッシュ 江別・文京台『カフェ・ド・サンレモ』チコリと自家製スモークサーモン
いつもはピザやパスタ、ケーキなどが単品で用意されているようだが、今回は予約をしておいたので特別メニューが待っていた。しかしその中身は事前に知る由もなく・・・

最初に登場したのはキッシュのプレート。続いてチコリと自家製スモークサーモンのサラダ
       江別・文京台『カフェ・ド・サンレモ』自家製パン 江別・文京台『カフェ・ド・サンレモ』ピッツァ
自家製パン2種ピッツァ
       江別・文京台『カフェ・ド・サンレモ』パスタ 江別・文京台『カフェ・ド・サンレモ』ベイクドチーズケーキ
パスタ、そしてデザート。ちなみにつちは先輩方の指令により「ベイクドチーズケーキ」を選んだ(選ばされた?)。
       江別・文京台『カフェ・ド・サンレモ』シフォンケーキ 江別・文京台『カフェ・ド・サンレモ』ブラックベリーのゼリー
こちらは最年長の先輩が選んだ「シフォンケーキ」。ケーキは3種類ほど用意されていた。それに庭で採れた「ブラックベリーのゼリー」、飲み物と・・・気が付けばフルコース並みの量を食べていた。

ふと後を振り返ると、出窓から光が降り注ぐ陽だまりの空間には、常連さんらしいマダム達ががお気に入りの場所で思い思いに寛いでいた。

オーナーのイデさんは、南極料理人の西村淳氏のご友人とのことで、『バルサの食卓』 (新潮文庫)という本を共著で出されている。架空の料理を現実に作ってしまおうという、不思議な実験内容が描かれている。こちらは千歳のドン=中村由美子さんが購入されたので、いずれ”貸りて”読んでみたい。

いずれにしても1回の訪問では全てを把握仕切れない、不思議の空間、『カフェ・ド・サンレモ』であった。



『カフェ・ド・サンレモ』

江別市文京台東町35-7
011-388-1008

(日・月定休・・・のようです。)

2011.03.09 | | Comments(3) | Trackback(0) | 江別

コメント

文京台にそんなお店が?!
ここのブログ、私にとってタウン紙状態ですわ~^^

2011-03-10 木 14:10:11 | URL | ありさ #- [ 編集]

ありささま

こちらはまさに隠れ家です。

当日いた2名の江別在住メンバーも全く存在を知りませんでした。

オーナーさんがとても引き出しの多そうな魅力的な方です。

是非寛ぎに行ってみてください。

2011-03-11 金 13:51:17 | URL | つち #- [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2014-02-18 火 12:55:27 | | # [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。