スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

2011年最初のグルメ報告~宮の森イタリアン『オットウーノ』

年明けからしばらくグルメ通信にふさわしいトピックスもなかったが、七草も過ぎたところで、今年初の美食体験をして来た。
       『オットウーノ』「槍イカとブロッコリーのソテー バーニャカウダソース」 『オットウーノ』「トリッパの煮込み」
場所は宮の森のイタリア料理店『OTTOUNO(オットウーノ)』

以前、江別の粉モノ研究グループ「こねっこ」リーダーである伊藤聖子さんとともに、評判高い自家製手打ちパスタの調査(?)のため来店した店だ。

イタリア各地を体を張って食べ歩いたという駒村八一シェフの料理は、レストラン向けに”加工”されたものではなく、本当に現地で一般に食べられている味を教えてくれるようだ。


アラカルトの中から、前菜に「槍イカとブロッコリーのソテー バーニャカウダソース」、「トリッパの煮込み」を選んだ。

写真の通り槍イカは程よい火入れでしなやかな食感。ニンニクの甘みがとことん引き出されたバーニャカウダソースが遠慮なくたっぷり注がれている。

トリッパの方は”モツ煮込み”的要素は全くなく、トマトのさっぱりとした酸味とトリッパのプルプル感がとても優しい印象だ。トリッパ初挑戦は是非オットウーノで。
       『オットウーノ』「鶏レバーとブロッコリーのパッパルデッレ」 『オットウーノ』「ピッツア マルゲリータ」
名物手打パスタは「鶏レバーとブロッコリーのパッパルデッレ」

「パッパルデッレ」は幅の広~い平打ち麺のこと。以前から気になっている「十勝帯広麺」も”十勝パッパルデッレ”と言えようか、語源は「豪快に食べる」、「食いしん坊」だと言うから気取らず食べるのがいい。

具ともソースともつかぬクタクタブロッコリーとボロボロ鶏レバーが、帯広麺、いやパッパルデッレにたっぷり絡みつく。抑え気味の塩加減で素材の甘みが満喫できる。家庭的な温かみのある味だ。

そしてお腹が張るため普段はあまり頼まないのだが、今回チョイスした「ピッツア マルゲリータ」は、生地と具の一体感が素晴らしく滑らかに喉を通る。噛む度小麦の甘みが小気味よく追いかけてきて、満腹中枢を刺激する前に軽々と胃袋の中に消えて行った。(勿論相方と半々でね。)
       『オットウーノ』「合鴨のコンフィ ジャガイモロースト添え」 『オットウーノ』「カタラーナ」
メインの「合鴨のコンフィ ジャガイモロースト添え」は期待通り、皮パリパリ、中はしっとりで”健康的な”トリ本来の味が楽しめる。添えられていたカブの赤ワインマリネが香芳しく、いいアクセントになっていた。

デザートはここの定番「カタラーナ」。濃厚だがしつこく纏わりつかない理想の甘さだ。これにエスプレッソ+アマレット数滴をクイッと飲み干して、今年最初のグルメ体験は大大満足に終わった。

今年は駒村シェフと「こねっこ」のコラボレーションが実現しないかと、個人的には大変期待しているのだが・・・

イタリアのマンマはどんな料理を作ってるの~?と思ったら、是非『オットウーノ』へ♪



オットウーノ

札幌市中央区宮の森4条6丁目2-15
TEL:011-887-9199

ランチ:11時30分から14時ラストオーダー
ディナー:18時から21時半ラストオーダー

(月曜日・第3火曜日 定休日)

2011.01.09 | | Comments(4) | Trackback(0) | 出張報告!

コメント

先日はありがとうございました!!

イタリアで食べるイタリア料理は本当に素朴。

盛り付けも味も着飾っていなくてそして何より力強い味の野菜達。

北海道にも本当に素晴らしい野菜を作ってくれる農家さんが沢山いますね。

そんな野菜を信じて料理を作るとイタリアで食べる味と近くなるのかもしれませんねっ

こねっこの実現楽しみにしています!!

2011-01-12 水 22:38:01 | URL | yaici #- [ 編集]

挑戦したい!

わあ!新春からさっそく素敵なお店のグルメ報告、楽しく読ませていただきました…!
(#^.^#)
内臓系はほとんど食べたことがないのですが、こちらのトリッパはとても美味しそうで、ぜひ挑戦してみたいなぁと思いました。

あと、平打ち麺が大好きなので、パッパルデッレも食べてみたいです!
(もちろん、十勝帯広麺も…♪)

2011-01-13 木 09:55:46 | URL | さざぴ #d819E29w [ 編集]

yaichiさま

コメントありがとうございました!

オットウーノさんのお料理、いつも”いわゆる”イタリアンレストランと何処かが違うと思っていました。

いつもご馳走になっている(!),「こねっこ」を始めとする農家の母さんの料理に近いもの・・・

鋭利さ、斬新さではなく、「いつもの味」、「安心する味」といった印象です。

毎日食べたい料理、永遠に流行り廃りのない定番の味を、これからも作り続けてほしいです。

ご馳走様でした!

2011-01-13 木 20:45:51 | URL | つち #- [ 編集]

さざぴさま

内臓系…私も決して得意ではないのですが、これは全く抵抗ありません。未だにあの魅惑の舌触りと味を、鮮明に脳裏に思い浮かべることができます!

十勝帯広麺・・・まだ未制覇です。今年は何とか食べたい!

2011-01-13 木 20:49:50 | URL | つち #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。