スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

若き女性農業者の手打そば『まめひな』

11月21日(日)「サンデーマーケット」の帰り道、11月13日にオープンしたばかりという手打そばの『まめひな』を訪れた。

『食祭』同様、江別市のグリーンツーリズム推進事業の1つで、若い女性農業者姉妹が立ち上げたという。
       江別手打そばの『まめひな』外観 江別手打そばの『まめひな』入口
農家の住宅をそのまま利用した店舗。暖簾をくぐり引き戸を開けると、靴を脱いで上がるようになっている。奥から作務衣姿の女性がはつらつとした笑顔で「いらっしゃいませ」と迎えてくれる。一瞬にして居心地の良さを覚える空間だ。


       江別手打そばの『まめひな』 江別手打そばの『まめひな』おろしそば
店内も住居のままの部屋割りで、座敷、椅子席、カウンターなど、各々違った趣を楽しめる。

窓際のカウンター隅に陣取った。メニュー表の冒頭には、この家と手打そばへの思いが綴られている。

いつもはシンプルに”もり”以外食べないのだが、蕎麦はもちろん大根もワサビも自家製という説明書きを読んで、素直に”おろし”を頼んだ。

運ばれてきたお膳が鼻先を通過して目の前に置かれる瞬間、削り節の香りにハッと目が覚める。見下ろすと蕎麦が見えないくらい豪勢に載せられている。蕎麦は細めだがあえて少し不揃いなのが、つゆの絡みとコシをよくしているように思う。ギュッギュッという確かな歯応えの度に、”農家の蕎麦”の醍醐味が染み出してくるように感じる。自家製大根のおろしの甘みも存分に味わえた。
       江別手打そばの『まめひな』店内1 江別手打そばの『まめひな』店内2
『まめひな』の店内ではランプや箪笥、ミシンなど古い日常のものが、愛着によって輝きを取り戻していた。農家の女性ならではのシンプルで美しき暮らし、アール・ド・ヴィーヴルが織り込められたような丹精な手打そばだった。

江別市のグリーンツーリズム推進事業によって、こんな若い女性農業者が次々と生まれるといいなぁ。ぜひ応援したい。



『まめひな』

江別市東野幌595(道道江別恵庭線沿い 江別から北広島方面に向かって左側 長谷川牧場隣)
TEL 011-385-1202

金・土・日・祝のみ営業(11:00~15:00)

2010.11.29 | | Comments(4) | Trackback(0) | 江別

コメント

さすが!

この間、偶然発見して行ってみたいなと思っていました。

さすがつちばくサン!
情報助かります☆

2010-11-30 火 23:46:32 | URL | ありさ #- [ 編集]

ありささま

コメントありがとうございます!

先日のボージョレーの会ではお会いできず、残念でした。

「まめひな」さん、女性の感性が感じられる素敵な店でした。

蕎麦はどちらかというと男の世界ですが、この店が新風を吹かせてくれるといいなぁと思います。

是非行ってみてくださ~い!

2010-12-02 木 10:49:53 | URL | つち #- [ 編集]

ここも行きたい。

あっちもこっちも行きたい。

忘年会か新年会、企画する?

2010-12-06 月 22:48:56 | URL | yumico #MBN2DyBI [ 編集]

Yumicoさま

あっちもこっちも・・・って!?

忘年会でも新年会でもいいんですが、yumicoさんが「なまら忙し」そうなんで、実現するでしょうか?

こちらははしごでも大丈夫ですよ!

2010-12-07 火 11:49:01 | URL | つち #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。