スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

東栗沢地区の宝探しが始まる

栗沢の『食事の家 いちご』にてハスカップとじゃがいものコラボスイーツと出合った後、忙しく次の目的地へと向かった。

「北海道空知総合振興局空知農業改良普及センター本所」(長い!)

ここで東栗沢地区(上幌、宮村、茂世丑)の地域資源情報収集会が行われた。

なぜそこへ?・・・と言うと、きっかけは今年9月、専門普及指導員の木田寛子さんに、上幌の果樹農家、影山寿男さんの農園=「Papa Berry」を案内して頂いたことに遡る。

影山さんの子供たちのための小さな果樹園も夢いっぱいで素敵だったが、その時に見た棚田の風景、そして木田さんから聞いた地域の様々な名人の話など、心に残る訪問だった。

そしてその時口に出した「”ハスカップの塩漬け入りの上幌の新米おにぎり”が食べたい!」という言葉を、しっかり木田さんが覚えていてくれたのである。
       「東栗沢の地域資源情報収集会」ハスカップの塩漬けおにぎり 「東栗沢の地域資源情報収集会」マップ


最近では美唄市が地域の新名物料理にとPRしているようだが、ハスカップの産地では昔から梅干しの代わりに食べられていたそうだ。ちなみに『食事の家 いちご』の立野さんは、ハスカップに大葉を刻んで一緒に漬けていたというから、本当に梅干し代わりだ。

お米は栗沢の「ゆめぴりか」。米の甘みとハスカップの酸味の鮮やかなコントラスト!夢のような食の共演だ。この味は一生忘れないだろうと思うくらい、目の覚めるような美味しさだった。栗沢の「ハスカップおにぎり」最高!

さて、おにぎりを食べにわざわざここまで来たのではなかった。今日は栗沢農家や岩見沢のデザイナーの方、土地改良区の方、それにつち(?)といったバラエティーに富んだ顔ぶれで、あらためて東栗沢地区の魅力を再認識し合った。

棚田の風景、6つの神様を祀っている上幌神社や、地域のしめ縄名人、手作り五右衛門風呂や、農家のあずまや、富山からの入植者が伝える「ますの笹寿司」・・・細かく宝の数々を拾って行くと、マップに表示しきれない程見つかった。

次なる課題はこれをどう発信し、惹きつけられた人をどう受け止めるか。今後も意見交換を重ねて行くことになった。つちとしては、やはり魅力的な”体験”メニューを作りたい。
      「東栗沢の地域資源情報収集会」アロニア入りキタノカオリパン 「東栗沢の地域資源情報収集会」ジューンベリージャム
食の方はおいしい米、そして果樹などがテーマになりそうだ。こちらは「アロニア入りキタノカオリパン」「ジューンベリージャム」
     「東栗沢の地域資源情報収集会」1 「東栗沢の地域資源情報収集会」木田寛子専門普及指導員tr
これまでにも農家の食育グループ「くりさわマンマの会」を立ち上げ、女性農業者の起業をバックアップしてきた木田さんの新たなプロジェクト、その末席に座らせてもらって何とも光栄である。

東栗沢の今後が本当に楽しみだ。

2010.11.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 出張報告!

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。