スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

『食事の家いちご』の新作菓子

先月末、「いもまんじゅう」でおなじみの栗沢『食事の家いちご』立野菊枝さんから連絡があり、じゃがいもの新作菓子が出来上がったとのこと。そういえば9月に伺った時「”じゃがいも”と”ハスカップ”が一つになった、今までにない和菓子」がデビューすると予告していたっけ。

11月17日(水)その新作を求めて栗沢を目指した。
       栗沢『食事の家いちご』新作菓子1 栗沢『食事の家いちご』新作菓子2


えーっと、これが”新作菓子(仮称)”である。実は夢中になりすぎて名前を聞くのを忘れてしまった。

表面はじゃがいも餡。割ってみるとローズ色のハスカップ餅が顔を出す。このハスカップ餅は粒を残したもち米。要するに”ジャガイモ+ハスカップのおはぎ”なのだ。

それにしてもじゃがいもをおはぎの餡にしてしまうとは、何て大胆な発想なのだろう。立野さんが「素人だからこそ思いつく」と言うこのアイディアを形にしたのは、今回も岩見沢の老舗菓子『ささき製菓』さん。

さすが老舗の技! じゃがいもの芋臭さが抜けて、垢抜けたお茶菓子用の餡になっているのには感動した。一体どんな技なのだろうか、工房を覘いてみたい気がする。ハスカップもち米の方も酸味穏やかでとても上品だ。餡ともち米の食感がどてもバランス良い。

「今これは男爵を使っているんですけど、これからキタアカリに変わります。それとハスカップの量も増やしてもっと酸味のある味になる予定です。」

立野さんの説明を聞きながら想像してみる。男爵のちょっとざらっとした食感もいいが、キタアカリのもっちり感もいいだろうな。中身のハスカップは、確かに「ハスカップ大福」くらいインパクトのある酸味が欲しい。

・・・ということは近々また来なければなぁ。そう思っているともう1つ気になるものを発見。
       栗沢『食事の家いちご』ハスカップご膳 栗沢『食事の家いちご』2010_11_17
「ハスカップ御膳」!?

ハスカップで美しくピンクに染まったご飯とみそ汁、ハスカップの漬物、ハスカップの菓子、コーヒーのセット。これは賞味したい。

「もうハスカップのことしか頭にないんです。」

と断言する立野さん、まだまだその頭の中にはハスカップ”案”が列をなして出番を待っているようだ。

今回の新作は1個単位で冷凍状態にて販売している。冷凍しておけば長期間持つ。他のハスカップシリーズ菓子も日持ちがするのでお土産には最適だ。

栗沢の郷土土産はこれで決まり!


『食事の家 いちご』 

岩見沢市栗沢町栗丘124-16
TEL:0126-45-2378

[営業時間] 9:00~18:00
[休 業 日] 木曜日
 ※道央自動車道「岩見沢IC」→国道234号を栗沢方面へ約10分

2010.11.23 | | Comments(2) | Trackback(0) | 出張報告!

コメント

こ、これは!

お写真で拝見する、新作のお菓子…なんといっても、じゃがいも餡のしっとりもっちり質感が!!
食べて~!
と訴えかけているようで…!目の前にあったら、ためらわず手をのばしてパクリ!といってると思います。

ハスカップ餅もきれいで甘酸っぱそうで、興味&食欲をそそりますね…!
じゃがいもの品種の違いによる食べ比べもほんと、楽しみですね!レポ、ぜひお願いします…!♪

「ハスカップ御膳」
あまりに北海道色濃すぎ!なネーミングに、一瞬えっ?!となりますが、
こちらも魅力的なメニューですね…!
ほんとに素敵なお店だなあ♪

2010-12-04 土 10:48:53 | URL | さざぴ #d819E29w [ 編集]

さざぴさま

すごいでしょ?

じゃがいもとハスカップの合体って、合体するはずもないような組み合わせなんですが、境界線が見えないほど互いに溶け合っているのです。

ハスカップ餅の甘酸さと紫色は目が覚めるほど刺激的です。そんな絶世の美女、どこかにいたかな?

次回のレポートも楽しみにしていてくださいね。

2010-12-07 火 11:42:12 | URL | つち #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。