スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

12月のまるごと江別グルメ会料理教室!

12月19日(火)毎月恒例のまるごと江別グルメ会料理教室が開催された。

講師は八幡チームの植村久子さん伊藤扶美子さん
20061227152854.jpg 20061227152901.jpg


今回のメニューは植村さんお得意の大和芋が主役のラインナップ。

今月のメニュー!
1.もち米しゅ”う米”
2.大豆のサモサ
3.大和芋の青しそ揚げ
4.えびとホタテとすり身の野菜かき揚げ
5.大和芋のいそべ揚げ
6.レアチーズ
7.アロニアジャム


もち米しゅ”う米”は植村さんの定番料理。ラードで炒めたエビや干し椎茸、ベーコンがごっそり入ったもち米をシュウマイの皮で包んで蒸しあげる。文字通り「しゅ”うまい”」!
20061227153151.jpg 20061227153116.jpg


今日は包むものが多い。大豆のサモサは水煮した大豆を粗くつぶして玉ねぎと挽肉と一緒にカレー味に炒める。それを春巻きの皮に包んで揚げる。カレー味はしっかり効かせるのがポイント。
20061227153005.jpg 20061227153014.jpg


カリッと揚がったサモサ。「中身は大豆」と言われないとわからないくらいカレー味が豆に馴染んでいる。豆嫌いが食べても抵抗ないと思う。
20061227153025.jpg 20061227153727.jpg


大和芋を使った揚げ物は3変化。大和芋の青しそ揚げは棒状に切った大和芋をしその葉で巻く。大和芋のいそべ揚げは大和芋を摩り下ろして海苔で包む。
20061227153129.jpg 20061227153229.jpg


えびとホタテとすり身の野菜揚げは、野菜の千切りを魚のすり身と摩り下ろした大和芋に混ぜて揚げていく。
20061227153239.jpg 20061227153207.jpg


大和芋の揚げ物3種。各々の食感を楽しめる。
20061227154659.jpg 20061227154846.jpg 
           20061227154929.jpg


デザートのレアチーズには特産アロニアジャムを添える。そのままでは渋くて食べられないアロニアだが、じっくり煮て砂糖をしみ込ませることで渋みが取れていく。鮮やかな色と独特の芳香がレアチーズとぴったり。アロニアジャムは冷めると固くなるので煮詰めすぎないよう注意!
20061227152924.jpg 20061227153656.jpg


盛りだくさんのメニューはこんな風にワンプレートに盛って、パーティー風に楽しんでみては?
20061227170121.jpg




もち米しゅ“う米”

<材料> 16個分
もち米2合          ラード大さじ1
むきエビ50g        酒大さじ1
ベーコン50g        しょうゆ大さじ2
干し椎茸中2枚       砂糖小さじ1
焼売の皮20枚
グリンピース20個

<作り方>
1 もち米は研ぎ、同量の水で普通に炊く
2 干し椎茸は水で戻し石突きを取り、5㎜角に切り、エビ、ベーコンも  同様に切る
3 鍋にラードを入れ熱し、切った材料を入れ炒めて、酒、しょうゆ、砂  糖で味を調える
4 炊きあがった1に3を加え、木べらで混ぜ合わせる
5 焼売の皮に4を丸めて包み、上部にグリーンピースをのせて蒸し器で  5~10分蒸す

<ポイント>
冷めても美味しく、おやつ感覚で食べられます


大豆のサモサ

<材料> 16個分
大豆水煮300 g        春巻きの皮8 枚
玉ねぎ1/4 個        レタス適量
牛挽肉100 g         レモン適量
ニンニク1/4 片       トマトケチャップ適量
バター大さじ1と1/2
カレー粉小さじ1と1/2       (のり用)
トマトケチャップ小さじ1     小麦粉大さじ2
揚げ油適量     水少々
塩小さじ1/3
コショウ少々

<作り方>
1 大豆は茹でておき、粗くつぶす
2 玉ねぎはみじん切りし、フライパンにバターを溶かして玉ねぎを炒めて、挽肉を加えて塩・コショウで味を付ける
3 2を1に加え混ぜ、カレー粉、ケチャップを加え塩・コショウで味を調える
4 春巻きの皮を対角線で半分に切り、③を8等分に分けて包み、小麦粉、水を混ぜたのりで止め、180℃の油で揚げる
5 器にレタスを盛り、レモンを添えて出来上がり
お好みで、トマトケチャップをつけていただく


大和芋の青じそ揚げ

<材料>
大和芋      ポン酢
青じそ      小麦粉
大根       揚げ油

<作り方>
1 大和芋は皮をむいて、1㎝角の4~5㎝の長さの棒状に切る
2 青じそは縦半分に切り、大和芋に巻く(爪楊枝で留めると良い)
3 ボールに水1/2カップを入れ、小麦粉1/2を加えさっくりと混ぜ衣を作る
4 衣に②の大和芋をくぐらせ、170℃の油でカラリと揚げる

<ポイント>
ダイコンおろしとポン酢で食べるととてもおいしいです。お好みで塩をサッとふるだけでも良し


カキとすり身の野菜揚げ

<材料> 4~5人分
カキ200g         (カキの下ごしらえ用に)
(A)             →塩水・熱湯・大根おろし
すり身100g
大和芋25g         揚げ油適量
片栗粉25g         ごま油大さじ1
卵黄2個
ごぼう、ニンジン(千切り)

<作り方>
1 カキは水1㍑に塩小さじ1を入れさっと洗った後、7~8秒熱湯につける又は大根おろしでもみ洗いする
2 カキを一口大の乱切りにする
3 Aを全部混ぜ合わせ、その中に2を入れる
4 フライパンの油が中温になった時に、ごま油を大さじ1入れて3を揚げる
*貝毒の一種でノロウイルスは流行っています。特に11月、12月は危険とされているので今回は牡蠣(かき)を利用しませんでしたのでご了承下さい。代わりとしてエビ、とホタテを利用しました。
エビ100g ホタテ100g

<ポイント>
ごま油を入れることにより、カリッと揚がります


アロニアのジャム

<材料>
アロニア250g        コーンスターチ適量
グラニュー糖125g     レモン適量
水125             リキュcc ール適量

<作り方>
1 アロニアとグラニュー糖を鍋に入れ、よく混ぜ合わせてから火にかけ、煮詰めていくと煮汁が出るので、その水量を保ち水を足しながら30~40分煮詰める
2 煮詰めたら火を止めて、好みでコーンスターチを入れてとろみをつける
3 冷めてから、レモン汁とリキュールを入れる


レアチーズケーキ

<材料>
クリームチーズ100g       バター70g
砂糖70g               レモン汁大さじ1
牛乳100              ゼラチン1 袋
生クリーム100 ml         水大さじ4
ビスケット(マリー) 100g      シナモン少々

<作り方>
1 バターは湯煎しておき、アルミの皿の上にサランラップを敷いておく
ゼラチンを水大さじ4に入れてふやかしておく
2 ビスケットは袋に入れて麺棒で崩して、1の溶かしたバターを入れて手で混ぜる
3 アルミ皿に2を入れてスプーンで平らにして、冷蔵庫に入れて固める
4 クリームチーズを木べらで混ぜて軟らかくし、更にゴムベラで混ぜる
5 4に砂糖を3回に分けて入れ混ぜ合わせ、次に牛乳をその中に3回に分けて入れる
6 生クリームをボウルに入れ泡立て器で泡が出る位混ぜてホイップクリームを作り、レモン汁大さじ1と共に5のクリームチーズの中に入れてよく混ぜる
7 ビスケットを冷蔵庫から取り出し、シナモンを入れて手で伸ばす
8 6の中に湯煎したゼラチンを入れて混ぜ、アルミ皿のビスケットの上に流し入れ、冷蔵庫で冷やし固める


大和芋のいそべ揚げ

<材料> 6人分
大和芋200g      ポン酢適量
のり6枚         揚げ油適量
大根おろし100g

<作り方>
1 大和芋は皮をむいて、すり下ろす。
2 のりは4等分にする。
3 スプーンで1の芋をすくい2ののりにはさみ三角に閉じる。
4 170℃の油のでカラリと揚げる
5 大根おろしを添えてポン酢でいただく。

*青じそで作っても美味しいよ!
大根 の青じそ揚げ
<材料>
大和芋200g      小麦粉適量
青じそ6枚        ポン酢少々
大根適量        揚げ油適量
<作り方>
1 大和芋は皮をむいて1㎝各の5㎝長さの棒状に切る。
2 青じそは縦半分に切り大和芋に巻く。(爪楊枝で留めると良い)
3 ボールに水1/2カップを入れ、小麦粉1/2を加えさっくりと混ぜ衣を作る。
4 衣に②の大和芋をくぐらせ、170℃の油でカラリと揚げる。

<ポイント>
ダイコンおろしとポン酢で食べるととてもおいしいです。お好みで塩をサッとふるだけでも良し

2006.12.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。