スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

江別フレンチ『シェ・キノ』のヒグマ料理

ヒグマを初めて食べました。江別で・・・
江別フレンチ『シェ・キノ』「斜里町産ヒグマの赤ワイン煮」
別に悪いことではないのだが、つい”告白”したくなるのである。

 「斜里町産ヒグマの赤ワイン煮」

江別フレンチ『シェ・キノ』の限定ディナーメニューだ。

斜里町産だからと言って、先日町に出没した熊ではないので悪しからず。

気になるお味は・・・ジビエなので独特のミネラルな風味というか、”血の気の多い肉”を感じさせるが、匂いは特に気にならない。脂が少なくてエゾ鹿に食感は似ている。食べやすい肉だ。

木下シェフは、このヒグマを赤ワインでホロホロになるまで柔らかに煮て、プレートには熊の棲む森を描き出した。

どうだろう? 何となくノッシリ、ノッシリと森の小枝を踏みながら歩くヒグマの後ろ姿にも見えないだろうか?

奥にあるのはヒグマの足跡?いや、江別産ビーツのピュレだ。

これは大人味の一皿なので、やはりワインをお伴に頂きたい。
限定数名分のメニューなので、早いもの勝ちである。

ちなみに北海道でもヒグマを食べられる店を探すのは難しいと思う。実にラッキーだった!

2010.10.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。