スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

江別産サツマイモのススメ part2

10月26日(火)、先日ご紹介した江別・美原『春日農場』のサツマイモが、野幌の欧風菓子『ガトー・ド・ノポロ』で使われていると聞き、立ち寄ってみた。

ショーケースに並ぶ誘惑の数々。目が右往左往しているのを見かねてか、販売スタッフの方がタイミングよく「ただ今焼き立て『江別産蜜イモパイ』をお勧めしております!」と声を掛けてくれた。
       江別『ガトー・ド・ノポロ』江別『輝楽里』産蜜イモパイ 江別『ガトー・ド・ノポロ』江別『輝楽里』産蜜イモ
大きなイモパイがゴロゴロ並ぶ特設(?)ショーケースの中は、焼きいも屋さんの石釜を連想させて、見るからにおいしそう!


江別・美原の農業生産法人『輝楽里(きらり)』の蜜イモ使用と書いてある。
「蜜イモ」とはどうやら安納芋のことらしい。確かにケース内に飾られていた薄ピンク色の肌はそれらしい。

『輝楽里(きらり)』は希少な白小豆の生産に力を入れたり、加工品も盛んに開発していて、江別で最も元気な農業者グループの1つだ。しかし春日さん同様、安納芋もいち早く生産していたとは!
       江別『ガトー・ド・ノポロ』江別『輝楽里』産蜜イモパイ2 江別『ガトー・ド・ノポロ』江別『春日農場』産黄金千貫入りほくほくタルト
蜜イモパイの中にはビッシリとイモ。しかしサツマイモ特有の土っぽい匂いがなく、自然な甘みなのでくどくない。贅沢なお食事パイとしても食べられそうだ。

そしてお目当ての『春日農場』のサツマイモは、2002年全国焼菓子コンペでグランプリ受賞の名物「ほくほくタルト」にた~っぷり練りこまれているそうだ。

こちらはすごく香りがいい。アーモンドの中に黄金千貫のあの気品あるフレーバーが感じられるのだ。

生産現場のすぐ近くでこんな風においしく加工されたものを見つけると、何だか嬉しくなってしまう。

次はどんな出会いがあるかな~。度々覘いてみたい店である。


ガトー・ド・ノポロ
江別市東野幌本町44-19
TEL 011-381-4609

AM10:00~PM20:00 (木曜定休)

2010.10.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。