スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

江別『お菓子工房 ラ・プティ・スリーズ』2010年秋の新作!


江別『お菓子工房 ラ・プティ・スリーズ』2010 秋の新作江別『お菓子工房 ラ・プティ・スリーズ』のショーケースが秋色に入れ替わった!

 栗のフィナンシェ、栗のモンブラン、メレンゲ・カフェ、スイートかぼちゃ・・・

パティシエ結城恵さんによるHPの新作告知には、心をかき乱す魅惑のアイテムが呪文のように連なる。

迷ったが、”粉派閥”のつちは”粉含有量上位”(と思われる)3点を選んだ。


上から時計まわりに「レモンのビクトリアケーキ」、「栗のフィナンシェ」、「しょうがのケーキ」

前回の「いちごのビクトリアケーキ」ですっかり”ビクトリアン”になってしまったつちだが、このレモンのビクトリアでそれが堅固なものになった。

自家製レモンピールの魅惑的な甘みと酸味にうっとり。1日6ピース限定だが、これは予約しても食べるべし!

「しょうがのケーキ」は冷え性にいいかと思ったのだが、そんなピリピリとした刺激は全くなく、生姜の香りがふわっと通り過ぎる。

「栗のフィナンシェ」は一口サイズのカップケーキになっているのだが、この中に結城さんが苦労して渋皮煮した国産栗がゴロゴロ入っている。小さいのにものすごい満足感。甘すぎないので栗本来のコクを感じる。

そのほか、好評だという「黒糖バターサブレ」(写真撮り忘れて食べてしまいました)は、実はつちが8月の「サッポロ・マルシェ」で見つけた北海道産てん菜ビート黒糖『ビート含みつ糖』で、結城さんが作ってくれたもの。

案の定サトウキビ黒糖のようなクセがなく、ちょっと酸味のあるさっぱりとした甘さだ。結城さんも気に入ってくれたようなので、これからも『ビート含みつ糖』の新メニューが登場するかもしれない。

まだまだある秋の新作。制覇するには時間がかかりそうだ。次回はワインのお供、「プチパテ」を狙いたい。

2010.10.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。