スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

洞爺湖『ハーバルランチ』でハーブ蒸留体験

室蘭での素晴らしき体験の後、洞爺湖経由で札幌へと戻ることにした。

その途中、いつもお世話になっている『北海道体験.com』のメニューで、以前から気になっていた「洞爺湖畔でつくる、世界にひとつだけのハーブ香水&ハーブティー体験」に挑戦してきた。
                 洞爺『ハーバルランチ』モンゴルゲル外観
まず出迎えてくれたのがこのモンゴルゲル。本当は壁(?)の部分も布製だったのだが、やはり雨には弱いということで木製ボードになっている。洞爺湖を見下ろす絶好のビューポイントに立つゲルは、雄大で頼もしく見える。
       洞爺『ハーバルランチ』ハーブ園 洞爺『ハーバルランチ』オレガノ


ゲルに入る前に、隣にあるハーブ畑で”自分だけの香り”を作るためのハーブ摘みだ。

「嗅いでみていい匂いだなと思うものが、基本的に体にもいい」とのレクチャーを受け、畑の隅から隅まで片っ端から葉っぱの匂いを嗅いでまわったのだが、なかなか決まらない。

一方「バラの香りのワインが好き」という連れの方は、「全てバラ科の植物にした。」とさっさと決まり、手持無沙汰そうにこちらを見下ろしている。結局つちが選んだのは・・・

オレガノと・・・
       洞爺『ハーバルランチ』ゴールデンタイム 洞爺『ハーバルランチ』セントジョーンズワート
ゴールデンタイム(テレビじゃないよ!)、セントジョーンズワート。
効能など全く知らなかったが、後で説明を読むと「抗うつなど・・・」と書かれていた。「うつ・・・だったのか?」
       洞爺『ハーバルランチ』モンゴルゲル内 洞爺『ハーバルランチ』ハーブティー
予想以上に摘み取りに時間がかかってしまったが、ハーブを洗い、いよいよゲルの中へ。意外に明るく暖かい。風を受けてゆっくりはためく天井の布の音に何故だか気持ちが落ち着く。

この中でまずは摘んできたハーブでお茶を楽しむ。お茶用にはベルガモットを別に摘んできた。そこにちょっとだけゴールデンタイムをプラスする。これは読み通り美味しかった! 
       洞爺『ハーバルランチ』蒸溜器 洞爺『ハーバルランチ』蒸溜中
ハーブティーを楽しみながら、蒸留の準備に取り掛かる。手製の蒸留器にハーブを千切って置き、ガーゼで包んでビーカーの上で逆さにする。固形燃料の熱でビーカーの水が沸騰し、ガーゼの中のハーブが蒸れて水蒸気が上がる。それを上の筒状の部分で冷やして、瓶に落とすという仕組み。なるほど、こうするのか~。

思いのほかハーブ蒸留のスピードは早く、ハーブティを楽しんでいる間に出来上がった。
さて”自分だけのハーブ香水”は?

連れのは明らかに”バラ科”の匂い。つちのは・・・「なんだか、トマトみたいな匂いがするんですけど!」

オレガノを選んだのは間違いだったかも知れない。どうしても”ピザの香り”になってしまう。
確かに体には良さそう。でも香水なのに、結局食べ物系の匂いを選んでしまうのは、悲しき性だ!

ちなみに4~5日置くと香りが熟成されてまた変わってくるそうだ。1週間以上経過した現在は、ピザの香りから柑橘系の香りに変化した。それでもなお食べ物系の香りには違いない。


『洞爺湖畔でつくる、世界にひとつだけのハーブ香水&ハーブティー体験』 オススメ!(10月いっぱいやってます!)

お申込みは『北海道体験.com』で!

2010.10.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | 出張報告!

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。