スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

「シェ・キノ クッキング」7月のテーマは「夏のアウトドア料理」

7月21日(水) 第4回目のシェ・キノ クッキング」が行われた。

今回のテーマは「夏のアウトドア料理」。キャンプ歴の長い木下淳シェフにとって、これは得意中の得意分野。案の定、アイディアいっぱいの料理教室となった。
       「シェ・キノ クッキング」7月の食材1 「シェ・キノ クッキング」7月 木下淳シェフ


本日はパエリアにアクアパッツァということで、魚介類が豪華。「白貝(シロガイ)」という貝は初めて目にした。磁器のような肌触りの白く大きな平たい貝殻が一際目を惹く。北海道では一般に親しまれているようだ。

シェフは今回からマイクを用意して臨んだが、結局マイクを握ったりフライパンを握ったりしているうちに、いつの間にかマイクは何処かへ消えていた・・・(ちなみに木下シェフのカラオケ十八番は演歌。)
       「シェ・キノ クッキング」7月「プラムのクラフティとプラムのシャーベット」1 「シェ・キノ クッキング」7月「プラムのクラフティとプラムのシャーベット」2
まずは冷たいデザートからスタート。今回は「プラムのクラフティとプラムのシャーベット」
シャーベットのアウトドア製作は難しいが、クラフティーの方は耐熱グラタン皿でOKだ。

「へぇ~~」っと参加者の紳士・淑女を唸らせたミニアイディアは、”プラムの湯剥き””網を使った種取り”

湯剥きの方法はトマトと同様。プラムの果肉を潰すことなく、果汁を滴らせることなく、ツルンと綺麗に剥くことができる。

また網にプラムをまるごと擦り付けると、種だけ残して無駄なく果肉と果汁を取ることができる。
       「シェ・キノ クッキング」7月「フライパンでパエリア」1  「シェ・キノ クッキング」7月「フライパンでパエリア」2
メインの「フライパンでパエリア」でも、目からウロコのアイディアがあった。

まず最初に肉、魚介、野菜を次々に炒めてしまう。この際順番など余り気にしなくてもよい。何故ならば、随時硬くなりそうなものからザルに上げてしまうからだ。真っ先に取り出されたイカ、やがてブイヨンを注いだ後には、口を開いたアサリらがザルへと移される。

サフランを直接加え、味を調えたら、一旦フライパンの中身を全てザルに空けてしまう。
       「シェ・キノ クッキング」7月「フライパンでパエリア」3 「シェ・キノ クッキング」7月「フライパンでパエリア」4
煮汁のみを再びフライパンに戻し、そこへ米を投入。強火で煮て米肌が表面に表れてきたら、アルミホイルを被せて弱火で10分。
       「シェ・キノ クッキング」7月「フライパンでパエリア」5 「シェ・キノ クッキング」7月「タジン鍋でアクアパッツァ」1
10分経って、ほぼ汁気がなくなった状態で先ほどの具を綺麗に並べ、再びアルミホイルを被せて5分弱火加熱。火を止めそのまま5分蒸らして完成。このやり方なら各食材の加熱調整にピリピリすることなく、平穏なキャンプを楽しめそうだ。

さてもう1つのお魚メイン料理は「タジン鍋でアクアパッツァ」

今回は「そい」を使ったが、鯛やタラでもいい。ウロコやエラ、内臓だけ除いて、頭付きでまるごとゴロリと鍋に入れる。焼き色を付けたら、白貝を加えてワインを注ぎ、少し煮詰めたら野菜を入れて水を足し、タジン鍋の蓋を被せる。
       「シェ・キノ クッキング」7月「タジン鍋でアクアパッツァ」2 「シェ・キノ クッキング」7月「タジン鍋でアクアパッツァ」3
「タジン鍋なんて持ってない!」とのご心配無用。なんと”フライパン+逆さボウル”で皆さん大成功!実はこの方法はシェフもぶっつけ本番だったそうだ!!

アクアパッツァの方は中火で10分。先ほどのパエリアと、豚肉の付け合せの「新じゃがのガレット」が同時進行する。
       「シェ・キノ クッキング」7月「豚バラ肉のジンジャーB・B・Q 新じゃがのガレットとサラダ」1 「シェ・キノ クッキング」7月「豚バラ肉のジンジャーB・B・Q 新じゃがのガレットとサラダ」2
お魚メイン2つに加えて、肉料理もちゃんとあるのが「シェ・キノ クッキング」のパフォーマンスの高さ!
「豚バラ肉のジンジャーB・B・Q」もまた、驚きのアイディアが・・・

肉を漬け込むマリネ液は何と、パイナップル果肉+ジンジャーエールに醤油と砂糖を加えミキサーにかけたもの。

この特製マリネ液はシェフが以前から使っている”コーラ入りマリネ液”の応用だとか。これに1~2時間肉を漬け込んでおく。

あとはアウトドアなら炭火の網焼きで、インドアならフライパンで焼くだけ。炭酸とたんぱく質分解酵素の効果で肉はプリプリとして、しかも柔らかくなる。
       「シェ・キノ クッキング」7月「フライパンでパエリア」 「シェ・キノ クッキング」7月「タジン鍋でアクアパッツァ」
さあ、全てのメニューが整った。なんと豪華なアウトドア料理!
       「シェ・キノ クッキング」7月「豚バラ肉のジンジャーB・B・Q 新じゃがのガレットとサラダ」 「シェ・キノ クッキング」7月「プラムのクラフティとプラムのシャーベット」
もう言葉はいらないでしょう。「いただきま~す!」

2010.07.26 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。