スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

浜益『善盛園』で”さくらんぼジャム”づくり体験♪

7月14日(水) 長年の夢だった”果樹園でのジャムづくり体験”を実行した。

向かったのは5月に樹齢130年の杏の花を拝んだ、浜益『善盛園』
只今さくらんぼシーズン真っ只中である。

最繁忙期に甚だ迷惑な話だが、無理やりお願いしてこんな体験をやらせていただいた。(通常はやっておりません!)
       浜益『善盛園』さくらんぼ水門 浜益『善盛園』渡辺百美子さん
さくらんぼの『善盛園』では、この時期「南陽」、「水門」、「佐藤錦」、「ごんべえ(名前がないので・・・)」と数種が実っているが、つちが一直線に目指したのは「水門」。ちょっと小ぶりで、先っぽが尖がった美しい朱色の実だ。


以前真狩の「ラ・ベル・コンフィチュール・マサコ」鈴木方子さんに、さくらんぼでジャムを作るなら「水門」が一番との助言を頂いていたからだ。

今回ジャム作りをご指導頂いた、『善盛園』マダム=渡辺百美子さんも、「水門」は酸味があって色がきれいと同意見。脇目もふらず「水門」だけを収穫した。

さくらんぼがたわわに実った『善盛園』は、杏の花見の時とは全く別の光景。しかしどのシーズンに来ても、ここは「楽園」であることに変わりない。

お隣で実を摘んでいる百美子さんのおっとりとした独特のリズムも、この楽園の空気同様、心を和ませてくれる。
       浜益『善盛園』クワの実1 浜益『善盛園』クワの実2
途中変てこなものも発見。一瞬虫かと思ったが、これは「クワの実」。実は初めて目にした。間近に見るとピカピカ光って”樹上のキャビア”のようでもある。珍しがっていると「都会の人だねぇ」なんて渡辺ご夫妻にからかわれてしまった! 恐る恐る口に入れたが、意外に渋くも酸っぱくも特段甘くもなく、いまひとつ掴みどころのない味だった。
       浜益『善盛園』さくらんぼジャムづくり体験1 浜益『善盛園』さくらんぼジャムづくり体験2
さてさくらんぼは1kgほどを収穫し、すぐさま洗浄、種取へと進む。さくらんぼはジャムにすると甘みが強調されやすいとのことで、重量の3割弱の砂糖を果肉にまぶす。ここで30分ほど果汁が溶け出すのを待つ。

それにしてもさくらんぼとは、いつ見ても絵になる果物である!
       浜益『善盛園』さくらんぼジャムづくり体験3 浜益『善盛園』さくらんぼジャムづくり体験4
やがて果肉がひたひたに浸かるくらいに水分が出たところで加熱開始。
もちろん鍋を表に持ち出し、さくらんぼの木に囲まれての”アウトドア・ジャム体験”である。

鍋の真ん中に浮かんでいるのは、さくらんぼの種。さくらんぼはペクチンが出にくいとのことで、短時間の体験で完成させるには種の周りのペクチンを利用するといいと、『sanchos Jam』オクノ サオリさんから聞き、早速試してみた。

常にブクブク沸いた状態で加熱すること20分程、その間ひたすら浮いたアクをすくう。しかし「アクも味の内」と、百美子さんは余り神経質に取り除かないそうだ。
       浜益『善盛園』さくらんぼジャムづくり体験5 浜益『善盛園』さくらんぼジャムづくりでティラミス風
途中さくらんぼの色が一旦抜け、また戻ってくるような現象があるそうだ。やがてアクが余り出なくなり、泡が小さくなってきたところでレモン果汁を入れ、火を止める。ちょっと緩いかな位が百美子さん流である。

”種入り”が功を奏してか、思いのほか短時間に煮詰めることができた。色も美しい。なんとも言えない愛らしい色彩である。

今回は即席でティラミス風にしてみたが、さくらんぼのジャムは色彩同様華やかな甘さなので、もっと別の味わい方がありそう。これは今後の宿題に・・・

出来立てのホット・ジャムの味わいも格別だが、果樹園の碧い空気と桜桃の葉の緑の下、紅色の水面の輝きにうっとりと溜め息を漏らすのが、この体験のクライマックスなのだ。
                浜益郷土資料館・旧白鳥家番屋
”聖なる果実の象徴”を、目から鼻から口からたっぷり吸収したからだろうか、帰り路は行きよりも気持ちの高揚感を感じる。

その足で『浜益郷土資料館』となっている「旧白鳥家番屋」を訪れた。
建物内に入ると、まだ熱狂の時の土埃のにおいを感じることができる。

かつて鰊で栄え賑やかだったであろう浜を、今はさくらんぼの楽園が静かに見下ろしている。
そのノスタルジーが何とも言えず、愛おしい浜益なのである。

2010.07.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 出張報告!

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。