スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

炭焼きバウムクーヘンに初トライ!

7月8日(木) 江別フレンチ『シェ・キノ』で行われた、コープさっぽろの会員向け冊子「ちょこっと」の取材を覗きに行った。

9月号特集のテーマ=「小麦」を材料に、親子で楽しめる料理を木下シェフが紹介。モデルキッズとシェフが手打ちパスタ、おやき、パンなを楽しく作っている様子を写真撮りしていた。

しかし、つちがわざわざやって来た理由は別にあった。”小麦料理”の一つ=バウムクーヘンを、店の前で炭火で焼くと聞いたからだ。
       江別フレンチ『シェ・キノ』でバウムクーヘン作り1 江別フレンチ『シェ・キノ』でバウムクーヘン作り2


到着すると小雨の降る中、本当に店の真前に炭火の準備がされている。仕組みは単純。棒にアルミホイルを巻き、そこへ生地をハケで少しずつ塗っては焼き固めて行く。棒をゆっくり回しながらこの繰り返しである。

実にプリミティブな、そして気長な料理である。

辛うじていくらかの生地が棒に絡みついたところで、お隣に棒巻きパンが炭焼き仲間に加わった。こちらは快調に焼き上り、早々に卒業していった。
       江別フレンチ『シェ・キノ』でバウムクーヘン作り3 江別フレンチ『シェ・キノ』でバウムクーヘン作り5
スタートから約1時間半
ようやく”食べられる厚さ”にまでなった。切ってみると3cmほど。年輪の片鱗が窺える。試食して苦労の分が喜びに変わったのは言わずもがなだ。

これは気長な人限定の体験メニューにどうだろうか?
ちなみにつちはもう1度体験してみたい!

※『シェ・キノ』のメニューに炭焼きバウムクーヘンはありません。。。

2010.07.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。