スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

マーカスさんのマルシェまもなく! おなじみ安田さんの畑へ~

昨年、その斬新な演出で話題をさらったマーカスボス氏「MaY MARCHE(メイマルシェ)」

今年は7月3日(土)にいよいよスタートする。

主力メンバーは、日頃大変お世話になっている江別・豊幌の2農家=『伊藤農園』&『宮本農園』
そしてこのマルシェに企画段階から関わってきた安田雅人さんだ。

6月24日(木)、大雨の後というタイミングを狙って、伊藤聖子さんとともに安田さんの畑を表敬訪問した。
       安田さん 安田さんの石狩の畑


教えられた住所を尋ねると、そこは安田さんのご自宅。1軒の中古住宅だが、中に入るとそこは自称”外国被れ”(?)の安田さんらしく、間接照明が灯るスタイリッシュ&モダーンな空間。テーブルの上には洋書がズラリ。

寡黙な方かと勝手に想像していたが、気持ちよく中に通して頂き、ゆったりとしたソファーに腰を埋めると、まもなくデミタスカップに注がれた薫り高きエスプレッソが運ばれてくる。そのもてなしに驚いていると、積み上げられた大量の本のページをめくりながら、今までの歩みや夢について丁寧に語ってくれた。

安田さんはマルシェに変り種野菜を出すので有名。昨年は伊藤聖子さんが難儀しているアーティチョークも出荷されたとか。その原点はヨーロッパで見たマルシェの風景や、それを伝える本との出会いのようだ。

自給自足を基本に「生活全般を豊かに楽しむこと」を提案して行きたいと、最初は生産者と料理人や直接消費者をつなぐコーディネーターを目指したそうだが、作り手と同じ目線で食を捉えたいと自ら生産するようになったそうだ。

現在はキノコ栽培や、台所には数本の生ハムが熟成中・・・など、ますます事業項目(?)が広がりつつある。
「20年後くらいに本当にやりたいことが見つかればいい・・・」と純粋に語る安田さん。まずは自らが農業を営みながら、生活全般を楽しむことを実践している。

イタリア、フランスで見てきたマルシェや生産現場の写真を見せて頂いているうちに、すっかり夕方になってしまった。急いで石狩にある安田さんの畑へ車で移動。all露地の畑はまだまだ収穫期には遠い状態だが、素晴らしく整然としていて気持ちが良い。海に近い・・・とあってか土はさらさらの砂状だ。
       安田さんの畑の土 安田さんの畑・リーキ
3日のマルシェに登場しそうなのはこのリーキ。あとはルッコラやハーブなど、アイテムは少ないがきっと素敵に並ぶだろう。
       安田さんの畑・ロートレックのニンニク 安田さんの畑・タマネギのお化け
これから楽しみなのが、「ロートレックのニンニク」と呼ばれるフランス・ロートレック村のピンクのニンニク。かのトゥルーズ=ロートレックと縁のある村。その独特の土壌でポリフェノールを含んだピンク色になると聞く。
安田さんが茎の辺りがほのかにピンクだと見せてくれた。ちょっとわからなかったが、マルシェに並ぶまで楽しみに待とう。

そういえばこんなネギも! これはタマネギだと言うが・・・何だか長ネギと掛け合わせたよう。葉の部分を食べてみたい気もするが・・・

その他、ニュージーランドの最高級ハチミツで有名なマヌカ(!)など、珍しいものがいっぱい隠れていた。。。

珍しさはもちろんだが、まだ若いトマトの苗や開きかけの花をつけたジャガイモなど、どの木もツヤツヤとしていて元気そうなのが印象的だった。畑に入った時に感じた気持ちの良さは、そのまま植物達が感じているものと一緒なのだろう。

収穫期にまた訪れてみたいと思った。



マーカスボス氏の「MaY MARCHE(メイマルシェ)」

7月3日(土)~10月末まで、基本的に毎週土曜開催
詳細はマーカスのHPで!

2010.06.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。