スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

「ファーム in 江別 vol.1」特集-アロマ

今月29日(土)に開催される「ファーム in 江別 vol.1」
まるごと1日のお祭りとあって出店者は大勢、内容は把握しきれないほど盛りだくさんだ。

ゆえにその中のいくつかにつちがスポットを当て、道案内をして行きたい。

まずはこのイベントが正式デビュー(?)ともなる『AAble-アグレアーブル』

江別のアロマテラピスト=中村諭代さんのアロマ&リラクゼーション。「アグレアーブル」とはフランス語で”心地よい”の意味があるそうだ。

中村さんは自宅を開放したサロンで顧客にアロママッサージを施している他、香りのグッズを手作り販売している。
今回の「ファーム in 江別 vol.1」では「昼の部」に出店しアロマグッズを販売予定。
       江別アロマ&リラクゼーション『AAble-アグレアーブル』セット 江別アロマ&リラクゼーション『AAble-アグレアーブル』ローズマリー&サフラワー石鹸ろ餡子と小豆石鹸


左はアロマソープ2種(四角、スイーツ型)とバスフィズ、ハーブティのセット。中村さんのお友達が毛糸で編んだバスケットも付いている。

こちらのハーブティはローズフラワー、ジャスミン、カモミール、ラベンダー、シソ、マルベリー、リリコスなどの美白、美容効果ブレンド。春らしい華やかなピンクで見た目にも可愛らしく飲んでも美味しい。ティーもピンク色で微かな酸味とフローラルな香りが楽しめる。

右は「ローズマリー&サフラワーのソープ」「小豆&餡子&黒糖(!)のソープ」。試させて頂いたが、泡の肌への当たりがとても滑らかでやさしいのが特徴だ。特に「小豆ソープ」の洗い上がりのしっとり感にはビックリ!
       江別アロマ&リラクゼーション『AAble-アグレアーブル』石鹸作り体験1 江別アロマ&リラクゼーション『AAble-アグレアーブル』石鹸作り体験2
そんな中村さんのソープに最近熱中しているつちは、お願いして珍しく食べ物以外の”石鹸作り体験”をさせていただいた。

今回体験したのは「ホットプロセス」という作り方。高温加熱により短時間で固形化できるのと、熟成期間も数日ですぐ使えるという利点がある。一方中村さんが通常行っている製法が「コールドプロセス」。こちらは40℃くらいの一定温度を保ちながら1~2時間かき混ぜ、さらに数週間~数ヶ月の熟成期間で水分を蒸発させて完成する。

どちらがいい悪いというのはないそうだが、高温加熱するホットプロセスではオイルが酸化しやすいので、熱に強いものを選ばないと保湿力などせっかくの天然成分が生かされない。また型に詰める前に殆どの水分を蒸発させてしまうので、タイミングをつかまないと木目細かいツルンとした石鹸にならないようだ。

まずはオリーブオイル、アーモンドオイル、パームオイルをブレンドして、精製水で溶かした苛性ソーダと混ぜ、かき混ぜながら湯煎にかける。

3種のオイルは各々特性を合わせることで補完し合っている。

オリーブオイルはしっとり感が強いが固まり難い。中村さんによると、オリーブオイル100%だと固まるまでに3ヶ月位寝かせる必要があるそうだ。ちなみに有名なマルセイユソープがフランス王室御用達であった時代には、オリーブオイル100%というのがルイ14世の王令によって定められていたとか。

アーモンドオイルは保湿力が強いが酸化しやすいそうだ。パームオイルは固まりやすい特徴がある。このブレンドは季節やその他の素材との相性によって変えていく。

最初の10分程は休まず湯煎にかけかき混ぜ続ける。ここがポイントだそうだ。とろみが付いてきたら、その後は蓋をして30分ほどそのまま湯煎にかけておく。一度かき混ぜ再び蓋をしてさらに30分位湯煎する。
       江別アロマ&リラクゼーション『AAble-アグレアーブル』石鹸作り体験3 江別アロマ&リラクゼーション『AAble-アグレアーブル』石鹸作り体験4
こんな状態になったら湯煎から下ろす。何かオイシソウ・・・

ここで好みの香りを付ける。今回選んだのは果物とナッツ系の香りというつちのリクエストにより、中村さんがマンダリン、シダーウッド、ホーリーフを選んでくれた。(結局食べモノ本位である・・・)
       江別アロマ&リラクゼーション『AAble-アグレアーブル』石鹸作り体験5 江別アロマ&リラクゼーション『AAble-アグレアーブル』石鹸作り体験6
あとは型に詰めて表面が乾燥しないように密閉し、1~2日間落ち着かせれば完成である。
       江別アロマ&リラクゼーション『AAble-アグレアーブル』石鹸作り体験 my石鹸  江別アロマ&リラクゼーション『AAble-アグレアーブル』中村諭代さん
完成した”つちソープ"をカットして見る。香りと造形と触感と、なんとも言えない艶かしさを感じるのである。石鹸をこんなにも芸術として鑑賞したのは初めてだ。泡立ちや泡切れの違い、香りもトップノート、ミドルノート、ラストノートまでの広がりをじっくり確かめる。石鹸一つでこんなにも楽しめるとは!驚きだ。

あ、こちらは『AAble-アグレアーブル』主宰の中村諭代さん。カメラを向けると「今日はダメ!!」と逃げられてしまったが、アロマだけではなく陶芸の趣味まで持つ多才なアーティストだ。

「イメージしていた香りのブレンド(インフューズオイル=浸出油)ができた時が一番の喜び」と目を輝かせ語る中村さん。

今回の「ファーム in 江別 vol.1」ではソープの販売だけに留まらず、他にこんなこともやっちゃう!
・・・と長くなったので、それは次回へ続く。。。

2010.05.16 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。