スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

11月まるごと江別グルメ会料理教室開催!

11月21日(火) 毎月恒例、まるごと江別グルメ会料理教室が開かれた。

今回の講師は伊藤扶美子さん植村久子さん。
        20061121162125.jpg

 今回は”もち米””豆”が主役・・・ってことでメイン料理は「おはぎ」です! そして扶美子さんが意識したのが「Back to Basic基本に帰る」とのこと。
では、そのラインナップをご紹介しよう!

今月のメニュー!
1.3種のおはぎ
2.豚汁
3.大根と鶏肉のオイスターソース煮
4.はりはり漬け


「3種のおはぎ」とは、 ”青大豆のきなこ””小豆のこしあん””黒小豆のつぶあん”の3種類。

まず青大豆をゆっくり、ゆーっくり炒る。低温で常に転がしながら時間をかけて中まで火を通すのがポイント。完全に火が通っていないと生臭いきなこになる。また炒り過ぎるとせっかくの青大豆が黄色くなって普通の大豆の色になってしまう。気長にやるのがコツ。
20061121162145.jpg 20061121162151.jpg


こしあん作りはちょっと大変。水煮した小豆を目の細かいざるで漉してから布巾に包んで水を切る。この水加減が重要で、水が多すぎると煮詰めるのに時間がかかり、水を切り過ぎると焦げ付きの原因になる。ちょっと慣れが必要だ。
20061121162305.jpg 20061121162511.jpg

水を切った小豆に砂糖を加え、鍋で煮詰める。空気を含ませるように絶えずまんべんなくかき混ぜると次第にツヤが出てくる。ちょっと緩めくらいで火を止める。冷えてくると固くなるのでその加減も必要だ。
20061121162517.jpg 20061121162526.jpg

20061121162535.jpg 20061121162542.jpg


つぶあんは1/3の豆を残し、あとはこしあんにして最後合わせて火にかける。今回つぶあん用に使用したのは”黒小豆”という珍しいもの。確かに真っ黒。普通の小豆よりコクがある。
             20061121162200.jpg

今日はもち米とうるち米を3:1で餅作り。
20061121162724.jpg 20061121162554.jpg

3色のおはぎはやはり豪華。味の違いを楽しみながらぺロリといっちゃうね。
             20061121162601.jpg

一方、こちらでは大根と鶏肉のオイスターソース煮が進行中。
20061121162617.jpg 20061121162610.jpg

静かに煮詰め、最後にいかに照りを出すかが決めて。煮汁が少なくなったら鍋を降り、空気を含ませながらツヤツヤ感を出す。
20061121162625.jpg 20061121162631.jpg

完成!いいツヤ出てますねぇ。おいしそう。
              20061121162638.jpg

教室が始まって早7ヶ月、皆さん余裕の表情。
         20061121162716.jpg 
はりはり漬け、豚汁も完成。
20061121162656.jpg 20061121162702.jpg

今日は3種類の豆(青大豆、小豆、黒小豆)に皆さんの興味が集中。特に黒小豆を見たのは初めてという方が大多数。こんな発見がこの教室に来る1つの楽しみとの声も・・・ありがとうございます!


おはぎ 3種
  
<材 料>(6人分)
もち米    1と1/2カップ
うるち米   1/2カップ
水             480cc
塩             小さじ1 

イ 小豆・・・・・こしあんを作る(生あん250gに砂糖150g、塩少々) 
ロ 黒小豆・・・・粒あんを作る(粒あん250gに砂糖150g、塩少々)
ハ 青大豆・・・・きな粉を作る(50gに砂糖30g、塩少々)

<作 り 方>
1 もち米とうるち米は合わせて洗い、2割増の水と塩を入れ普通に炊き、すりこ木でざっと半つぶしにする  
2 衣の種類に合わせた大きさに分けてまとめる

(イ こしあんの作り方)
1 小豆を軟らかく煮たら下にボウルを受けたザルにあけ、玉じゃくしで裏ごしする
2 下のボウルの中の物を袋にあけ、袋の口をしっかり押さえて固く絞って生あんを作り、鍋に入れ砂糖を加える

(ロ 粒あんの作り方)
1 軟らかく煮た黒小豆を1/3取り置き、残りの黒小豆で生あんを作る
2 生あんと1/3取り分けておいた黒小豆を一緒に鍋に入れ、砂糖を加えて練る

(ハ きな粉の作り方)
1 青大豆はフライパンで空炒りする
2 ミキサーで粉にする
3 きな粉に砂糖と塩を入れて混ぜ合わせてもち米に付ける

(小豆の下ごしらえ)
① 小豆はたっぷりの水で洗い、浮いてくる豆や虫食いの豆を取り除く。水を取り替え、たっぷりの水を加えて煮る。    
② 煮立ったら、小豆特有の渋みを取り除くため煮汁を一度捨てる  
③ 新しく水を加えて弱火で煮る。アクは取り除く  
④ 時々差し水をし、常に豆に煮汁が浸るようにする  
⑤ 豆を箸でつまんでつぶれるようになるまで煮る  
※小豆110g(約カップ2/3)で生あん約250gが出来ます


豚汁

<材  料> 
豚肉    150g
大根    1/2本
玉ねぎ      1個
人参    1/2本
ごぼう    1/2本 
水    3カップ
いも       小 2個
豆腐     1/2丁
油       少々
手作り味噌       適量
生しょうが       少々
長ネギ     1/2本

<作 り 方>
1 ごぼうはささがきにしてアク抜きをする 
2 大根、人参は半月切りにする。いも、玉ねぎは1口大に切る 
3 鍋に油を入れ豚肉を炒めた後、1と2の野菜を炒めて水3カップを入れ。火にかけ野菜が軟らかくなったら味噌を煮汁で溶いて入れる
4 豆腐を一口大にちぎりながらいれて、最後に生しょうがと斜めに薄切りした長ネギを入れ、ひと煮立ちさせたら火を切る


大根と鶏肉のオイスターソース煮

<材  料> 4人分
大根            300g    
米             小さじ2
鶏手羽          中 12本  
醤油・酒     各 小さじ2
ブロッコリー      400g 
(A)
鶏ガラスープ      カップ3  
醤油    大さじ2
酒      大さじ4
オイスターソース     大さじ2
砂糖    大さじ1~2

<作 り 方> 
1 大根は乱切りにし、米小さじ2を入れた湯で下ゆでする
2 鶏肉は醤油、酒各小さじ2をまぶして20分置きます
3 ブロッコリーは小房に分けて茹でて、冷水で冷ましておく 
4 中華鍋を熱し、汁を拭き取った鶏肉を皮目から入れこんがり焼く 
5 4の中へ大根とAの調味料を入れ蓋をして、弱火でゆっくり煮る 
6 煮汁が少なくなったら蓋を取り、汁を飛ばすように煮上げる 
7 最後にブロッコリーを加える


はりはり漬け

<材  料>
切り干し大根         50g
昆布    小 1/2枚
生しょうが      小 一片
赤なんばん        1本
(タレ)
醤油         50cc
酒         50cc
水         100cc
砂糖        25g
酢        25cc

<作 り 方>
1 切り干し大根は水できれいにもみ洗いし、昆布は水で戻してハサミで細かく切り、生しょうがはせん切り、赤なんばんは細かく切る 
2 タレは材料を合わせ、一度火にかけて冷ましておく 
3 切り干し大根と昆布をよく混ぜ合わせ、タレを入れさらに混ぜてつけ込んでおく


2006.11.29 | | Comments(2) | Trackback(0) | 江別

コメント

三種のおはぎ

とくれば、きなこ、小豆、黒ごまかな?と思いきや、黒小豆とは!驚きでした…!
きなこも青大豆なんですね!写真を拝見しましたが青々として、とてもキレイ♪
手作りのあんこ、憧れますが、難しそう。私には無理かも…と思いつつ、大変勉強になりました♪

2006-12-01 金 23:26:14 | URL | さざぴ #d819E29w [ 編集]

手作りに限る!

やはり手作りおはぎは違います! いくつ食べても胸焼けしないんです。手作りの価値って永遠ですね。

2006-12-02 土 17:29:06 | URL | つち #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。