スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

江別にレディースファームあり!

「レディースファーム」といえば、北海道通または牛乳通にとっては「中札内レディースファームだべ」となる。そう、あの日本で唯一販売されている無殺菌の「おもいやり牛乳」製造元だ。http://www.omoiyari.com/

しかし、ここ江別にもあるんです、レディースファーム。しかも肉牛の・・・

その名もバージンハート農研 ここはあの”えぞ但馬牛”の牧場で、以前ご紹介した松下牧場に次ぐ第2位の規模。現在96頭を飼育している。
松下牧場のものがたりはこちら↓↓↓
http://tutibaku.blog56.fc2.com/blog-entry-52.html

そしてこちらが今日の主人公・・・
20061121161920.jpg

・・・じゃなくて、こちら!
20061121162021.jpg

バージンハート農研を経営する端さんのご長女、敦子さん。家族経営だが、今現場を取り仕切っているのは彼女だ。


端さんご一家はもともと札幌で小売業を営んでいたが、家族揃って動物好き。4年前、お父さんの突然の決断で肉牛を購入。最初3頭だったのがあれよあれよと増え、一家で牧場のある江別に引っ越してきた。

「最初羊を飼うっていう話だったんですよ。それが急にある日、『おい、明日牛が来るからな』って言うんですよ。何だか訳もわからないうちに飼い始めちゃって・・・」
20061121162001.jpg

そんな一大事を前日に通告されて、さぞかし大騒ぎだったろう。それも笑い話とばかりにおおらかに語るお母さん。「おはぎちゃん、ジャムちゃん・・・」と1頭1頭名前を呼んでは語りかける姿にこちらも癒される。
20061121161935.jpg

「おはぎ?」
そう、バージンハート農研の牛たちの名は実にユニークだ。
おはぎ、どらえもん、いちご、じゃむ・・・
ちなみに”おはぎ”は彼岸生まれで、”じゃむ”は”いちご”の子だそうだ。
変に納得。。。これも女性ならではのネーミングだ。
20061121161928.jpg

現在、母牛50頭、素牛(10ヶ月ほどの子牛で肥育農家に売られる牛)40頭、肥育牛(屠畜まで一貫飼育する牛)が6頭。
牛舎は広々としていて今まで見てきた牛舎と比べても1頭あたりの面積が広い。そのせいだろうか、殆んどの牛たちが悠々と横たわっている。厚めに敷き詰められた藁も心地よさそうだ。
20061121161943.jpg

ちょうど伺った時は牛たちの夕食の準備中。
20061121161847.jpg

こちらが2人目の主人公、上野香奈さん。札幌から通いでお手伝いをしている。
計りを前に彼女がにらめっこしているのが、この配合表。
20061121161908.jpg

何と1頭毎の特別メニューなのだ。
20061121161835.jpg

「おいしそう・・・?」かは別として、この配慮も母性の表れかな。配合表は敦子さんが1頭ずつ体型や健康状態を見て、1ヶ月毎に作成する。
20061121162011.jpg

この日は出産間近の母牛が1頭いて、敦子さんと香奈さんはしばしば状態を報告しあっていた。

20061121162036.jpg

「最初恐くて、最近やっと慣れた」という香奈さんだが、牛が可愛くて仕方ないといった様子。手が空けばさかんに牛の体を撫でてやる。

20061121162043.jpg 20061121162049.jpg

「うわぁー、写さないでください!」と言う彼女、こちらが3人目の主人公、浜崎和恵さん。某有名大学で酪農を学んだという経歴の持ち主。彼女がここで手伝っている理由も「牛を見ていると癒される」から。

「でも好きだけでこの仕事はやっていけない」と敦子さんは勉強にも意欲的だ。今はまだ試行錯誤の段階だというが、初めて肥育した牛が何と最高ランクのA5をマーク。実は子牛の時に成育が悪く、点滴を打っていたというから、その時の感激は一入だっただろう。

「今は教えられた通りやって経験を積んでいる段階」と好成績の秘策はないとの返事。でもここならではの特色を聞くと・・・
「こんなに牛の名前を呼んであげてる牧場って他にないと思うんです。ウチは名前にはこだわってますよ。ちゃんと特徴を表すような名前を付けて、愛情を持って呼んでやるんです。」
20061121162102.jpg

なるほどやっぱりレディースファームだな・・・
きめ細やかな世話、それでいておおらかな雰囲気。牛の表情からも快適さが感じとられる。牛も人間も育てるのは”女”だ! 江別の肉牛飼育に新たな可能性を見た。。。

2006.11.21 | | Comments(4) | Trackback(0) | 江別

コメント

1頭ごとに

配合の異なるメニューを考えて与えるなんて、愛情がなければできませんよね…!
きめ細やかな配慮にビックリでした。個性的な名前といい、ほんと母性愛を感じます。
厚めに敷かれた藁というのも。

2006-11-25 土 22:35:28 | URL | さざぴ #d819E29w [ 編集]

母は偉大

私も寒い中、牛たちをじっと見守る彼女たちの姿に頭が下がりました。母は強しです。

2006-12-02 土 17:26:39 | URL | つち #- [ 編集]

安心しました♪

私は敦子さんに、今月、子牛を買っていただいた他県の者ですが、バージンハートファームの検索をしていて、こちらにたどりつき、拝読させていただいて安心しましたし、嬉しく思いました。
丁寧に愛情込めて飼育していらっしゃるこのページ紹介を読ませていただき、ありがとうございます。

2008-11-16 日 16:52:17 | URL | M #- [ 編集]

Mさま

この記事を見つけてくださって、本当に嬉しいです。端ファミリーは本当に温かい方々ばっかりです! 牛もとても落ち着いて安心して育っている感じがしました。

機会があったら訪ねてみてくださいね。
敦子さんに伝えます。

2008-11-17 月 13:38:32 | URL | つち #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。