スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

フランス野菜の冬支度

11月13日(金)江別西野幌の小林牧場を訪れた。ついに初雪も降ったし、畑に残されたフランス野菜の越冬対策を施さねば・・・
フランス野菜の経緯はこちら↓↓↓
http://tutibaku.blog56.fc2.com/blog-entry-12.html#more

「種蒔くのが遅かったんでないの? まだ小さいわ。」
小林ヨシ子さんの言うとおり、キャベツはまだ生まれたての赤ちゃんの頭ほど? ブロッコリーは花蕾が見当たらない。
20061113170654.jpg 20061113170704.jpg

「このままではとても冬を越せないんでないかなー・・・埋けてみるかい?」


ヨシ子さんの提案により、キャベツの半数を「埋ける」ことにした。
20061113170719.jpg 20061113170728.jpg

つち、なんと「埋ける」現場を初めて見た! 北海道では冬季、野菜の保存のため「埋ける」のは常識。ヨシ子さんは溝を掘り、根っこごと引き抜いたフランスキャベツをすっぽりはめ込んだ。溝の深さはキャベツの葉が地面と同じ高さに収まるくらい。
20061113170750.jpg

3本のキャベツが身を寄せ合うように溝に収まった。あとは隙間に土を入れてやる。十勝出身のヨシ子さん曰く、このやり方は道央以南ならでは。50~60cmの深さまで土が凍り付いてしまう道東では、最低1mは溝を掘り下げないともたないそう。
20061113170810.jpg 

小林牧場では一足先に大根が埋けられていた。こうやってしっかり土中に埋め込んで、大根同士を寄せておく。やがて雪が覆うと雪中は0℃前後が保たれるため、凍ることなく頑張って冬を乗り越えるのだ。
20061113170824.jpg

加えていいことに越冬した野菜たちは甘くなる。フランス野菜たちも無事に冬を乗り越えてくれるだろうか・・・

こちらは作業後、ご馳走になったヨシ子さんオリジナルの漬物。
無臭にんにくの粕漬け2年もの↓     大根の贅沢漬け↓
20061113170833.jpg 20061113170844.jpg

んんーーん、美味! こちらも農家の冬ならではの楽しみ。美食の街・江別は冬季も話題に事欠かない。。。

2006.11.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。