スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

シェ・キノのボジョレーパーティー!!

ご無沙汰です! 急遽、東京に「出張」しておりました・・・
気を取り直して、ブログ更新します。。。

 
毎月、まるごと江別グルメ会の畑とコラボレーションディナーを企画しているシェ・キノhttp://www.chez-kino.com/が、ボジョレーヌーボーのパーティーを開催する!

今回はボジョレーから2種類のヌーボーの他、日・仏・伊、3カ国のヌーボーなど10種類を用意。もちろん飲み放題。

主なワインは
<ボジョレーヌーボー> ・ルー・デュモン
                ・デュ・ヴィスー
<ヌーボー>        ・ノヴェッロ・フィオーレ(伊)
                ・ボアゼ・ヌーボー(仏)
                ・山梨、山形産ヌ―ボー


お食事のテーマは「鮭」。メニューの一部をご紹介すると・・・

・サーモンのクルビヤック風(ソテーした鮭と野菜をパイ生地で包んだもの)
・自家製サーモンマリネ
・サーモンのタルタル
・鹿肉の煮込み


そしてまるごと江別グルメ会が誇る江別フェルミエ、チーズ工房プラッツのチーズも食べられる!!

席数が限られているのでお早めに予約を!


シェ・キノのボジョレーパーティー

日 時 : 11月17日(金) 18:00~
会 費 : 6,300円
 
※事前にお電話でご予約ください。

■シェ・キノ■

〒067-0042
江別市見晴台71番地の2
TEL&FAX(011)381-3589

地図はこちらを見てね↓↓↓
http://www15.plala.or.jp/chez-kino/




~~今回のボジョレーヌーボーのご紹介~~

日本人がフランスで造ったワイン?それも古い葡萄の木から? ~ルー・デュモン~

岡山県出身の仲田晃司さんは、フランスでワイン造りをがんばっている日本人醸造家。その仲田さんが初挑戦するボジョレーヌーボーがこれ。なんと樹齢70年以上の古樹からとれるブドウで造られたワインだ。樹齢30年以上の古い木をV.V.と書くがブイ!ブイ!ではない、ヴィエイユ・ヴィーニュ。ヴィエイユ・ヴィーニュからは、獲れるブドウの量は減るが、その分凝縮したブドウになる。人間のように年を重ねるごとに深みが出てくるというわけだ!しかも今回が初輸入なので、まだ誰も飲んだことのないヌーボーを真っ先に飲むことができることになる。日本人が厳選されたブドウで造るボジョレーヌーボーに期待したい。

辛口のワインガイドでボジョレー初の2つ星を獲得したボジョレーのトップ生産者。しかも自然にとことんこだわったワイン造りをしている! ~デュ・ヴィスー~

クラスマンは毎年発刊されるフランスの超辛口ワインガイドで、ワインの価値を決める上での重要な参考書になっているらしい。その2007年版において、ボジョレー村でただ1人2つ星の評価を受けたのが、このワインの生産者。つまりボジョレーでトップの生産者と言っても言い過ぎではない。ワインの造り方もあくまで自然にこだわり、化学的なものはほとんど使わないので、体にやさしい。美味しくて、体にもやさしい究極のボジョレーヌーボーだ。


というわけで、ワインに詳しい人も詳しくない人もシェ・キノに行って楽しもう!

2006.11.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。