スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

「そば打ち体験」のお客様がそば屋開業!

今年5月、食彩人ブランドで実施している「北の蕎麦や開業指南~原始林山荘のそば打ち体験! 」にご参加くださったお客様が、なんとこのたびご自身でそば屋をオープンさせた!

その名は『そば処 雄』。オーナーは笠松雄一郎さんだ。
        『そば処 雄』 『そば処 雄』 笠松雄一郎さん


体験ご参加の際、そば屋開業を目指しているとのお話をお聞きし、『コロポックル山荘』五十嵐師匠も指導にかなり熱が入っていた。そして2ヶ月後、ご自身の夢を実現されたのだ。

8月17日(月) その『そば処 雄』へ行って来た!笠松さんの質実さが現れたさっぱりとした店内。厨房には体験の時に見たのと同じ、ひたむきな姿があった。

残念ながら今の店は”手打ち”ではないのだが、そのかわりオジサン達を満足させるため、プライスとボリュームで大サービスしている。

つちはシンプルに”もり 500円”をオーダー。連れは欲張って”冷やしたぬきそばの大盛”を頼む。
        『そば処 雄』もりそば 『そば処 雄』冷やしたぬきそば
そして出てきたのは、明らかに大盛に相当する”もり”と、大盛以上の”冷やしたぬき”。

機械打ちと言うが、しっかり蕎麦の香りも甘みも感じられる。お聞きするとそば粉は幌加内の粉なども入れて自分なりにブレンドしているそうだ。

食べても食べても減らない”もり”を何とか制覇。大盛を食した連れはそば湯も入らない様子だ。
しかし笠松さんのお話では皆普通に大盛のセットなどを食べていくそう。そんな働くオジサン達の強い見方=『そば処 雄』なのだ。

セットメニューは3種の丼とそば。隣で親子丼とそばセットを食べている3人のオジサマ達を見ながら、次回はこのセットを制覇しようという意欲が湧いてきた。

いつかは手打ち蕎麦の店をという夢を持ちつつ、そのためのファーストステップを踏み出した笠松さん。
その真摯な姿を見れば、必ず夢は叶うと思えるのだった。


 『そば処 雄』

札幌市中央区北7条西22丁目1-1 マンション瑞宝1階
TEL&FAX 011-699-6371

11:00~20:00 (15:00~17:00は中休み) 営業
日曜定休

2009.08.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 出張報告!

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。