スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

『ランチの店 motty(モッティ)』で”朝カフェ”!

6月20日(土)、実はこの日豊幌の畑めぐり~江別のお菓子『ラ・プティ・スリーズ』~その他諸々の多重スケジュールで江別を走り回っていた。

この日の始まりはa.m7:30の”朝カフェ”だった。
4月に初めて訪れて以来、ずっと機会を狙っていたこの”朝カフェ”をしに、『ランチの店 motty(モッティ)』へやってきた!
                 『ランチの店 motty(モッティ)』朝カフェメニュー


約束どおり(?)素顔=ノーメイクで家を出る(もっともこれはいつもどおりなのだが・・・)。精一杯頑張って辿り着いたのが7:30だったが、モッティさん自体はナント6:30からやっている。
念のため前日に電話で確認すると、

「定休日以外、お客様がいらっしゃらなくても必ず6:30からやってます!」

オーナーの用田由美子さんの歯切れのいい口調が嬉しく、前夜からわくわくする。

”朝カフェ”メニューは選べるスープセット。迷ったがモッティ自家製パンが食べられるということと、用田さんのおすすめもあって「トマト味の野菜スープ」にした。
       『ランチの店 motty(モッティ)』朝の店内 『ランチの店 motty(モッティ)』スープセット
高い天井と広々とした配席の空間に自然光が強すぎず、弱すぎず差し込む。1杯のコーヒーをゆったりと楽しむ先客の常連さんとはまた近すぎず、遠すぎず、適度な距離感で時折言葉を交わす。用田さんと常連さんの会話に相槌を打ったりしながら、こちらは気楽に写真を撮ったり舌鼓を打ったり、自由な朝を楽しむ。

「このアスパラはちょっと自信あります!」

とニッコリ微笑む用田さん。ひんやり、たおやかなアスパラは茹でた後鰹出汁に漬けてあるそうだ。
そしてモッティ自家製パンは色白でモッチリ、いや「モッティリ」と言うべきか。ものすごく食べ甲斐がある。この店を象徴するまぁ~るいパンだ。
       『ランチの店 motty(モッティ)』トマト味の野菜スープ 『ランチの店 motty(モッティ)』お野菜ワッフル
そしてメインのスープは、5種類の豆、そして無数の野菜、アサリやベーコン、スモークチキン、ともかくあらゆる旨みがひしめき合う。特に大きな花豆がゴロゴロ入っているのには、”豆ラバー”のつちとしては「やられたな」の一言。朝食をしっかり食べて欲しいという用田さんの気持ちがストレートに伝わる。

用田さんはカウンター越しにテイクアウトとサイドメニューに掲げられた「お野菜ワッフル」をせっせと焼いている。気になって中身をたずねると味見用に半分サービスしてくれた。今日のはサツマイモが角切りになって入っていた。人気はカボチャ、そしてゴボウだそうだ。シーズン毎に中身が変わるのが楽しい。こちらもモッティさん流に甘さ控えめでとっても軽い。
       『ランチの店 motty(モッティ)』アイスコーヒー 『ランチの店 motty(モッティ)』アイスコーヒーカップ
セットのコーヒーは始めっから”アイス”と決めていた。なぜなら前回、モッティさんで使う食器の全てを手作りしている陶芸家さんに、アイス用のカップを追加注文していると聞いていたからだ。以前滝川の「cafeオルノ」で水を陶器で飲む感触に魅了されたつちは、今度はモッティさんの陶器でアイスコーヒーをとねらっていたのだ。

頃合を見計らって用田さんが大事そうにアイスコーヒーの器を運んでくる。思わず「うわぁ~」とため息が出た。それは汗ひとつかかず動揺せず、黒い液体を静かに包み込んでいる。

「氷が全然融けないんですよ。あ、その氷、コーヒーで出来てるんです。普通の氷だとコーヒーが薄くなっちゃうじゃないですか。何か損した気分でしょ。だからコーヒーを凍らせてるんです。でも融けないんですよ。」

と用田さん。確かに陶器の中のアイスコーヒーは、相変わらず珈琲氷を浮かべたまま無表情だ。その手触りを散々楽しんだ後、やっと最初の一口のために持ち上げる。「軽い!」 どっしりと構えた姿からは想像もできないほど軽いのだ。それにたじろいで未だ飲まずにいると、珈琲氷がかすかにカランコロンと初めて声を出した。器を愛でながら1杯のコーヒーを飲む至福、普段の生活で忘れていた贅沢な時間だ。

気がつくと1時間以上も”朝カフェ”していた。お勘定をしようと立ち上がると、用田さんが報告したいことがあると言う。

「今朝ご近所のお体が不自由な方が、初めてお一人で歩いて店に来てくださったんです。いつもバスで店の前を通って、”いつかコーヒーを飲みにあそこへ歩いて行こう”って思ってたんですって。でも何度も途中で諦めて、やっと今日自分1人で身支度して、1人で歩いてここまで来れたって言ってくださったんです。そしてバリアフリー対応になっているうちの店を、身障者でも不自由ないって言ってくださいました。」

さらに、前回のつちのブログ記事を見て何人もお客様が来てくださったと語ってくれた。

店を出るとまだ朝10時前。これから1日たっぷり活動できる時間だ。なんか得した気分。
そして用田さんの今日の嬉しい出来事、つちがほんのちょっとモッティさんのために出来たこと、そんな事柄を素直に嬉しいと思えるのも素顔のままの”朝カフェ”だから?

今日もいい日だ!皆さんも”朝カフェ”しませんか?


『ランチの店 motty(モッティ)』

江別市大麻扇町17-6
011-387-8231

朝カフェ  6:30~9:00
ランチ  11:00~15:00
夕カフェ 15:00~18:00
(火曜・第3水曜定休)

2009.06.24 | | Comments(4) | Trackback(0) | 江別

コメント

いつか行くぞ~!!
・・・と思ってはいるものの、

毎日7時45分頃に会社にいる私にとっては
6時半到着がマスト。

しかも早食い必至。

ゆっくり朝カフェするには、
お寝坊な休みの朝、早起きして行くしかないね~。

近々、トライしますっ!!

・・・たぶんね^^;笑

2009-06-25 木 21:59:04 | URL | ありさ #- [ 編集]

ありさ様

お返事遅くなってすみませ~ん!
ちょっとばかり体調崩してました。。。

朝カフェ、ぜひ、ぜひ行ってみてください。
”いつか”でいいので!

なんたって「素顔」でOKですから!
パンラバーのありささんに”モッティリ”パンも食べてもらいたいです!

2009-06-30 火 16:13:40 | URL | つち #- [ 編集]

いいなぁ♪

こんなお店で「朝カフェ」できたら…
その日は一日中、ふんわり幸せな気分で過ごせそう。
お仕事も頑張れて、まわりの人にも優しくなれそう…。
毎度書いてますが、ほんっと羨ましい!
(*^◯^*)

最近ワッフルベーカーを購入したので、せめてお野菜のワッフルだけでも真似させてもらっちゃおうかしら…。

ところでつちさん、その後体調はいかがですか?
どうぞくれぐれもお大事になさって下さいね…!
ブログを楽しみにしている読者のためにも。

2009-07-11 土 23:00:14 | URL | さざぴ #d819E29w [ 編集]

さざぴさま

体調は旭川視察に行って回復しましたよ!
やっぱり外の空気を吸うのが一番です。

「朝カフェ」はまさに最高の贅沢でした。

朝のひと時、ちょっと心の余裕を作っただけで、ホントやさしい気持ちになれます。

ワッフルベーカー、それも羨まし~い!

2009-07-12 日 22:36:57 | URL | つち #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。