スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

江別のお菓子『ラ・プティ・スリーズ』の新作!

6月20日(土) 江別・豊幌の畑を巡った後、ソムリエ兼パティシエである結城恵さんのお菓子の城=『ラ・プティ・スリーズ』へ、新作!「クラフティ」を求めてやってきた。
       江別のお菓子『ラ・プティ・スリーズ』クラフティ 江別のお菓子『ラ・プティ・スリーズ』父の日のお菓子セット


このクラフティ、手の平に載る可愛いサイズ。でも結城さんのお菓子の特徴=見た目の可愛いさに反して食べ応え大なのはこちらも同様。 

「オレンジ」と「チェリー」の2種類がある。「オレンジ」の方は爽やかで生地との一体感があってサクサクと食べ進む。クラフティの王道「チェリー」の方は、そのチェリーがこの小さな空間に驚くほどゴロゴロ入っていてすごく得した気分。『ラ・プティ・スリーズ』(小さいサクランボ)というお店の名前を象徴するお菓子。もしかしたらこれから看板メニューになるのかも。

クラフティはフランス・リムーザン地方の伝統菓子で、黒いサクランボに卵生地をたっぷり注ぎかけて焼くフルーツのグラタンのようなもの。季節感がある素朴な菓子で大好きなのだが、どうも家庭の台所で作る飾り気のない菓子といった部類に入るらしく、おしゃれな街のケーキ屋さんではあまりお見かけしない。それを見事に可愛らしくアレンジして店頭に並べるところが結城さんらしい!

こちらも他の菓子同様、見た目以上に手が掛かっているので12:30以降の数量限定販売だ。

この日は父の日直前だったため、「父の日のお菓子セット」が販売されていた。内容はブラウニー、シナモンカフェ、チーズサブレ、ビスコッティがセットで550円?!

こちらは父の日後も単品で販売されている。「ブラウニー」はしっとり、そしてどっしりと密度がスゴイ。なのに全く重く感じないのがいかにも結城さん流。「シナモン・カフェ」はこだわりのフランス産コーヒーエキスを使って香り高く、そして食感が軽快で素晴らしい。「チーズサブレ」は塩味でチーズの風味が濃厚な異色の一品。そしてつちが一番お気に入りの「ビスコッティ」は米粉を使っているそうだ。ナッツがいっぱい!これをハーブティと一緒に頂くのが今のちょっとした贅沢なのだ。

常連さんと一緒になった。「今日は何にしようかしら? あら、これまだ食べてないわ!」と目を輝かせながら1つ2つと買って帰る。いつ行っても子供時代の無邪気で楽しい気分に浸れる、ここは本当に「お菓子の城」なのだ。次はどんなお菓子が登場するのかな?


ラ・プティ・スリーズ
〒069-0811 江別市錦町38-1
Tel&Fax 011(385)1551

毎週木・金・土曜日 12:00~19:00

2009.06.22 | | Comments(2) | Trackback(0) | 江別

コメント

クラフティ大好き♪

美味しそう!
そうですよね、クラフティといえば家庭的なアントルメの代表選手的存在…。
パティスリ-の店頭ではあまり見かけないお菓子ですよね。

プロのかたの手になるクラフティを味わえるなんて羨ましい限り!
チェリーゴロゴロもたまりませんねぇ…!
o(^-^)o

2009-07-06 月 17:55:41 | URL | さざぴ #d819E29w [ 編集]

さざぴ様

わぁ~、お返事遅くなってすみません!!
さざぴさんのコメント、いつも心温まります。ありがとうございます。

クラフティーもそんな風に心温まるお菓子ですよねー。

フランス・リムーザン地方の人たちにとって黒いさくらんぼのクラフティーは特別のもののようです。クラフティーと言えば黒さくらんぼというくらい・・・

そんな物語を知って食べるとまた楽しいですよね。

2009-07-10 金 14:50:02 | URL | つち #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。