スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

10月まるごと江別グルメ会料理教室!

10月17日(火) 毎月恒例、まるごと江別グルメ会料理教室が開かれた。

今回のテーマは「まるごとキャベツ」、そして裏テーマがすごくレアな「中華風」。こんな破天荒なこと、一体誰が・・・何と今回の講師はこの”つち”&まるごと江別グルメ会の米農家の顔、岡村恵子さんなのだ!

「なんで~”キャベツ”なのぉー?」

実は「まるごと・・きゃ・べつ」に引っ掛けて「江別を象徴するキャベツ料理を!」とテーマだけ意気込んでいたのだが・・・

今月のメニュー!
1.まるごとeキャベツ
2.じゃがキッズの飴衣
3.秋の恵みのサラダ(中華風)
4.岡村農場いつものスープ(中華バージョン)
5.岡村農場おぼろづき2006新米


その「まるごとeキャベツ」、要するにキャベツと豚ひき肉を段々に重ねて蒸したもの。言うなれば巨大な”キャベツ饅頭” コツはいかにキャベツ状に重ねるか。皆さん丁寧にやってくださいました。
20061019202856.jpg20061019202908.jpg20061019203014.jpg

最後に蒸しあがった”キャベツまん”に白髪ネギとショウガの千切りを載せ、熱したごま油をジュッと掛ける。
20061019202932.jpg 20061019202920.jpg


「じゃがキッズの飴衣」は中華菓子の「サツマイモの飴衣」を北海道仕様にしたもの。”ジャガキッズ=小芋”を皮ごとまるまんま活用。小芋も捨てたもんじゃない!
20061019203003.jpg 20061019202950.jpg

「秋の恵みのサラダ」はカボチャ、さらし玉葱、水菜にゴボウチップス、レーズン、松の実が入る豪華サラダ。もちろんドレッシングは中華風。
20061019202943.jpg

「岡村農場いつものスープ」は実際に岡村家でほぼ毎日のように朝食で出る定番。今日はごま油で中華風味にアレンジ。ともかく野菜がたっぷり取れるのがいい。好きな野菜を入れて自由に自己流で楽しんでほしいとのこと。
20061019202841.jpg

そして本日の目玉が「岡村農場おぼろづき」 岡村農場でも今年は7俵限定の貴重な新米だ。岡村さんが水加減から磨ぎ方までこだわり、自ら炊き上げてくれた。
岡村農場のお米についてはこちらを見てね↓↓↓
http://tutibaku.blog56.fc2.com/blog-entry-38.html#more
20061019203022.jpg 20061019202848.jpg

岡村農場のおぼろづきには教室の皆さんから思わず「おいしい!」と感嘆の声が・・・「おかずがなくても食べられる!」と嬉しいお言葉もあった。販売用に用意していた1kg袋もあっと言う間に完売。ありがとうございました。
20061019202812.jpg 20061019202825.jpg


御陰様で無事終了。収穫期も最後。名残惜しむように野菜たっぷりのメニューをご自宅でもどうぞ!



まるごと e キャベツ
  
<材 料>(6人分)

キャベツ 1/2玉(約500g)
豚ひき肉 250g
卵 1個
しいたけ 3個
オイスターソース      大さじ1.5
醤油 大さじ1.5
白ねぎ 1/2本
しょうが 1片
ごま油 50cc
塩      適宜
こしょう      適宜

<作り方>

1.大なべに2Lくらいの水を沸かし、塩を大さじ1程度入れる。キャベツの芯の周りに切り込みを入れ、お湯の中に入れて葉を1枚ずつはがす。透き通るまで茹でたら1枚ずつ取り出し、広げて冷ます。

2.ひき肉、卵、しいたけのみじん切り、オイスターソース、醤油を混ぜる。

3.キャベツは芯を除き、軽く塩こしょうする。大きめの深皿にごま油(分量外)を塗り,キャベツの小さい葉をしきつめる。周囲1cm幅くらいを残して2を中心を厚め(1cm高さ程度)に盛る。


4.3の肉を覆うようにキャベツの葉を小さいものから2~3枚ずつのせ、3同様に肉を盛る。これを繰り返し、最後キャベツの葉が丸く全体を覆うようにする。

5.蒸し器に水を入れ、4を入れて布巾をはさんで蓋し、中火で40~50分、肉に火が通るまで蒸す。
6.キャベツの芯のみじん切り、しょうがの千切り、白髪ねぎを5にのせ、熱したごま油を上からかける。ケーキのようにカットして食べる。


じゃがキッズの飴衣

<材 料>(6人分)

小芋 18個
砂糖      60g
水      大さじ2.5
白ごま      大さじ1
揚げ油 適量

<作り方>

1.小芋をよく洗い、芽を取って水気を拭き取る。

2.フライパンに揚げ油を芋が1/3位浸る程度入れ、140から150℃に熱し、1を入れ転がしながらゆっくり中まで火を通し一度取り出す。最後に高温の油で表面をカリッとさせ、油を切っておく。

3.広めのフライパンに砂糖と水を入れ、混ぜながら熱し、濃度がついたら白ごまを加え、飴色になったら芋を入れて火を止め、手早くからませ、油を薄く塗ったバットに取り出す。

4.ボールに水をはり、芋を1つずつ水に通して皿に盛る。


秋の恵のサラダ(中華仕立て)

<材 料>(6人分)

カボチャ 250g
玉ねぎ 1個
ごぼう 1本
水菜 1~2株
レーズン 30g
松の実 30g
油 適量
塩      小さじ3/4
酢      大さじ1/2

 
 
  こしょう 少々
  酢      大さじ5
  しょうゆ 大さじ1
  砂糖      大さじ1
  塩      小さじ1


  ごま油 大さじ1
  サラダ油 大さじ2

<作り方>

1.カボチャは所々皮を剥き、2cm角に切る。鍋に少々の塩(分量外)を加え水から茹でる。煮崩れないようやわらかく茹で、水を切り、熱いうちにAで下味をつける。

2.玉ねぎはスライサー等で薄くスライスし、塩水(分量外)にさらし、水を切っておく。

3.水菜は洗って水を切り、3cm位の長さに切る。

4.ごぼうは洗ったら皮は剥かず、水気を拭いて、大きめのささがきにし、油で素揚げにする。

5.玉ねぎ、水菜、カボチャ、ゴボウの順に皿に盛り、レーズン、松の実を散らし、Bのドレッシングを合わせかける。


岡村農場いつものスープ(中華バージョン)

<材 料>(6人分)

白菜の葉 3枚
人参 30g
玉ねぎ 中1個
しいたけ 2枚
春雨 40g
ベーコン 50g
水     1200cc
コンソメ      3個
塩      少々
こしょう      少々
しょうが汁 大さじ1~2
ごま油      大さじ1

<作り方>

1.白菜は白い部分と緑の部分に分けて細めに切る。

2.人参、玉ねぎ、しいたけ、ベーコンも白菜と同じ大きさに細く切る。

3.春雨はさっと茹で水切りし、2と同じ長さに切る。

4.鍋に水、1の白い部分、2を入れ、火が通ったら1の緑の部分、3を入れてコンソメ、塩、こしょうで味を整え、しょうが汁、ごま油を入れ一煮立ちさせたら火を止める。

2006.10.19 | | Comments(3) | Trackback(0) | 江別

コメント

料理教室お疲れさまでした…!
キャベツ大好きなので興味津々で読ませていただきました。
ごま油の風味は食欲をそそりますよね♪
小芋=じゃがキッズ、って表現は可愛いですね…!
サツマイモの飴衣は大好きですが、小芋だとどんなお味でしょう?
試してみたいです。

2006-10-20 金 13:12:23 | URL | さざぴ #d819E29w [ 編集]

さざびさま、コメントありがとうございます!
じゃがキッズの飴衣はお勧めです。自然な甘味がいいですよ。是非トライしてください。

2006-10-22 日 00:20:39 | URL | つち #- [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2006-11-22 水 07:19:59 | | # [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。