スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

「えぞ但馬牛」を地元江別で食べる!~『トラットリア マリナーラ』

今月初めに産地直売が行われた、江別が誇る「えぞ但馬牛」。その時のフィーバーぶりはお伝えした通り。それもそのはず、大特価なのはもちろんなのだが、何しろ殆どが素牛として本州へ渡ってからお肉になるため、大金を積んでも通常は地元江別で口にすることはできないのだ。

今回その幻の肉を地元で、しかも手の掛かった素晴らしいお料理として味わう機会を得た。

4月25日(土) えぞ但馬牛生産者、「バージンハート ファームジャパン」端さん推奨のイタリアンレストラン、『トラットリア マリナーラ』を訪れた。
       『トラットリア マリナーラ』 『トラットリア マリナーラ』えぞ但馬牛の前菜


古民家を改築した趣のある店はエントランスからして想像力をかき立てられる。しかし1歩中に入ると、その想像を超える空間が広がる。純和風建築の中に洋のアイテムを溶け込ませた店内。ちょっと暗いので写真は撮れなかったが、これだけセンスある店は江別には他にないのでは?

こちらのオーナー=安孫子まりさんは、たった1人でキッチンからフロアサービスまでこなしている。

今回は無理を言って、通常のランチコースにえぞ但馬牛のメニューを追加していただいた。
最初の一皿にさっそく登場したのは、「えぞ但馬牛の出汁で作った茶碗蒸し」。一欠けら添えられたお肉は、もう出汁を出し切ったはずなのに、口に含むとまだ濃厚な味を放出する。えぞ但馬牛のポテンシャルの凄味を感じる。茶碗蒸しと言っても完全にイタリアンな味わいで、是非パンとワインをお供にしたいところだ。
       『トラットリア マリナーラ』 ホタテのサラダ仕立て 『トラットリア マリナーラ』アサリのパスタ
続いて「ホタテのサラダ仕立て」「アサリのトマトソースパスタ」。どちらもハーブの香りが効いたさわやかな味。やはり女性ならではの繊細さを感じる。
       『トラットリア マリナーラ』えぞ但馬牛の煮込み 『トラットリア マリナーラ』パンナコッタとプリン
そしてお待ちかね、「えぞ但馬牛の野菜煮込み」。”野菜煮込み”というだけあって、作り方をお聞きしたら野菜以外には少しワインを加える程度で何の調味料も使っていないそうだ。その代わり野菜を贅沢に使い、2~3時間煮込んでは一晩寝かせ、また2~3時間煮込んでは一晩寝かせを3回繰り返し、十分に野菜と肉が一体になるまで手間と時間をかけている。

さっそく頂くと、これが野菜と肉だけの旨味かと感心させられる。濃厚な味わいなのにくどさもなく後味はさっぱりだ。自然の味とはやはりそういうものなのだろう。まりさん曰く、えぞ但馬牛で何度かこの料理を作っているが、シンプルなだけにその時の肉の個性で味わいが全く変わってくるそうだ。今回の肉は意外にあっさりしていたと言う。そんなお話を伺うと、また別のえぞ但馬牛で同じ料理を試してみたくなった。

デザートも嬉しい盛り合わせ。2種類のパンナコッタにクレームダンジュ、プリン。プルプル・トロ~リ好きにはたまらない組み合わせだ。甘さはミニマムに抑えてあってスッと口に中で溶けて行った。

気が付くと土曜の昼下がり、2時間の優雅な時が流れていた。
4テーブルが満席の店内。どの席も同じくこの時の流れを楽しんでいるよう。

「必ず予約でお願いしてます。」

と言うまりさんの意図がわかった。我々はその愛着が隅々まで染み込んだまりさんの家に招かれたのだ。我が家でもてなすのと同じように、この空間とそこでの時間を楽しんでもらいたいという心意気が伝わってきた。

全てにおいて丁寧な仕事を施されたレストラン。これは女性の感性でしか成しえない世界だ。
あのBecoBeco倶楽部の男くさぁ~い世界からやって来たえぞ但馬牛が、こんな素敵な女性料理人の手による繊細な料理で味わえるなんて、やっぱり江別って美食の街だなーと、またまた一人感じ入るのであった。


トラットリア マリナーラ Torattoria Marinara
〒067-0003 江別市緑町東3丁目72番地
TEL&FAX:011-382-2382

営業時間 /12:00~14:00
       /18:00~22:00
定休日: 水曜日/第1月曜日


☆たったお一人でお料理もサービスもされています。
 必ずご予約をお願いします!

2009.04.28 | | Comments(2) | Trackback(0) | 江別

コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

2014-01-26 日 10:16:11 | URL | 履歴書の書き方 #- [ 編集]

履歴書の書き方様

コメントありがとうございました。
是非またご覧頂ければ嬉しいです!

2014-01-29 水 20:45:51 | URL | つちばく #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。