スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

シェ・キノ×伊藤農場、10月限定メニュー登場!

・・・というワケで、(何のことかワカラナイ方、まず「シェ・キノの木下シェフ、豊幌の伊藤農場へ」http://tutibaku.blog56.fc2.com/blog-entry-39.html#moreをご覧ください。)まるごと江別グルメ会会長、伊藤智恵美さんの農場でインスピレーションを得た、木下シェフ入魂のメニューがシェ・キノhttp://www15.plala.or.jp/chez-kino/に誕生した!

20061006120449.jpg 
カリフラワーの白い白いスープ 










んてったって、伊藤農場の採りたてカリフラワーの白いこと・・・木下シェフ、この白さを純白のスープで表現してくれた! やっぱり、収穫から時間が経つとこの白さは出ないそうだ。

そのお味は・・・言われないとカリフラワーとは気付かない。色同様、味にもアクがない。しかし確実に”じゃがいもonly”では出せないカリ出汁が出ている。

「スープだけだとカリフラワーのインパクトが出ないので、サーモンと一緒にコンソメゼリーにしたものを添えました。」

これが、つちのお気に入り。コンソメゼリーを白いスープの中に崩しながら頂く。ゼリーの中のカリはアノ時畑で食べたカリ×コリ×シャキの食感のまま閉じ込められている。

「やっぱりこれだけ新鮮なものが身近に手に入ることが財産ですね。」
と木下シェフ。見事にその価値観を料理に仕上げている!

20061006120456.jpg
ホタテのソテー ブロッコリーのペルシヤード風










ムツカシイ名前だが、見た目はユニークだ。

「これ、きのこですかー?」
な~んて聞いちゃうくらい、可愛いんだ。

「本当はパセリでやるんですが、ブロッコリーとパン粉とチーズを合わせて、ホタテの衣にしてみました。」

ほぉ~、ほたて...きのこじゃないんだ。。。ザックリとそのきのこ...じゃなくてホタテにナイフを入れる。香ばしい衣のサクサク感とホタテのレアな焼加減、酸味を帯びたバターソースが絶妙。その中でブロッコリーの味が一番引き立っている。

「これからやっていきたいのは、野菜を主役にした料理ですね。江別は野菜の宝庫でしょ。肉・魚と一緒に出しても、野菜が負けないような味を作りたいです。」

木下シェフが追求する”江別フレンチ”。この2品を頂いて、つちはその輪郭を少し掴んだような気がした。。。
20061006120504.jpg



重大なお知らせ第2弾!!!!!

10月7日(土)~31日(火)

江別フレンチのシェ・キノにて豊幌・伊藤農場のカリフラワーブロッコリーを使った期間限定ディナー(4,200円)が食べられます。
※つちがブログで紹介した”カリフラワーの白い白いスープ”と”ホタテのソテー ブロッコリーのペルシヤード風”(ホタテは白身魚になる場合もあります)は期間中ずーっと食べられます。(3,500円の”シェ・キノコースはスープがつきません。)他のメニューはその日の新鮮食材を使ってシェフが創作!(ルバーブのデザートもあるよ!)お楽しみに!!

そして、またまた、「つちのブログ見た!」と予約の際言うと、なんかいいことあるかもよ!!

■シェ・キノ営業案内■

月曜日~土曜日

■ランチ
11:30~14:00
■ディナー
17:30~21:00
※日曜日はご予約のみ営業

〒067-0042
江別市見晴台71番地の2
TEL&FAX(011)381-3589

地図はこちらを見てね↓↓↓
http://www15.plala.or.jp/chez-kino/


2006.10.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。