スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

江別の、根も葉もチコリ

江別で数年前からチコリ(アンディーブ)とリーキの冬季栽培に取り組んでいるのが、「ケータリング美利香」メンバーでもある萩原隆子さん

今年は益々出来がよいとの噂を聞き、畑にお邪魔してチコリを分けていただいた。
       江別『萩原農園』のチコリ 江別『萩原農園』のチコリの根


なるほどチコリは硬く締まっていてツヤも素晴らしい。しかし、チコリってこうなってるの根(ね)。。。
健康食品としてもてはやされる”チコリコーヒー”はこの根っこを乾燥させて粉にしたものらしい。

「この根っこ、普通に料理して食べられないんですか?」

と萩原さんに聞いたところ、イタリアではステーキにして食べられているようだと教えてもらった。
その食べ方は、2日間水にさらしてアク抜きした後、適当な大きさにスライスし、フライパンで焼くというシンプルなもの。

そこで葉を大きく育てる前の根っこを譲っていただき、さっそく伝授された方法で食してみた。
じっくり時間をかけ、柔らかくなるまでフライパンで焼いてみたところ、食感は根セロリ(セロリラブ)みたいな感じ。しかし甘みの後に来るホロ苦味が特徴だ。どうしてもまた食べてみたいという味ではないけれど、結構いける。

萩原さんのチコリ(葉の方)とリーキは、今月から東京・目黒の『リュウ・ド・レギュゥム』で食べられる!「野菜の小道」という名のこの店で、どんな風に皿に盛られているのか、想像するのも楽しい!

2009.02.17 | | Comments(6) | Trackback(0) | 江別

コメント

へぇ!

驚いたなあ。
チコリってこうなってるんです根(ね)…!
私にはちょっとした衝撃映像でした!
w(゜o゜)w

優雅に見える白鳥も水面下では必死に足を動かしている、なんてよく言うけど、ツヤツヤして可愛いチコリも地中にこんな逞しい根を隠しているんですねー!

ところでつちさんには、チコリ(葉のほう)でサラダ以外におすすめの食べかたってありますか?
あったらぜひ教えてくださいませ…♪

2009-02-21 土 22:52:34 | URL | さざぴ #d819E29w [ 編集]

さざぴさま

チコリはサラダ以外にムニエルがおすすめです。かのジョエル・ロビュションのレシピでは、塩、レモン汁、グラニュー糖を入れた湯で30分ほど茹でて、水気を絞り、バターとグラニュー糖、塩コショウをしてふたたび火ひかけ焼き色をつけるとあります。是非お試しを!

2009-02-23 月 21:34:47 | URL | つち #- [ 編集]

ありがとう!

お返事が遅くなりましたが、レシピ感謝です!
うわあ!ムニエルですか…!恥ずかしながら味の想像のつかないところが、なおさら興味をそそられます!グラニュー糖がポイントかな?

いいチコリが手に入ったら、絶対チャレンジしてみますね!

2009-02-27 金 22:35:43 | URL | さざぴ #d819E29w [ 編集]

さざぴさま

ぜひトライしてください。生の時とは別物の美味ですよ!

2009-02-28 土 16:15:40 | URL | つち #- [ 編集]

初めまして♪元江別出身、現在富良野の農家に嫁ぎましたw
家の家庭菜園でイタリアの赤いチコリを育てたくてチコリを検索しましたら、こちらにたどりつきました^^家では海外の野菜を色々育てて楽しんでます♪実家(江別)にはたまに遊びに帰ってますw色々情報を見させていただけるとうれしいです!!よろしくお願いします!!

2012-03-27 火 10:15:01 | URL | モコ #- [ 編集]

モコさま

コメントありがとうございます!

赤いチコリとは、タルディーボですか? カステルフランコ???
是非どんな野菜を栽培されているか、またお知らせください。
ブログなどもやられていたらそちらも是非!

こちらこそ、面白い野菜の情報あったらよろしくお願いします。

2012-03-29 木 18:42:21 | URL | つちばく #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。