スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

9月まるごと江別グルメ会料理教室レシピ!

9月19日(火)に行われた月例まるごと江別グルメ会料理教室のレシピ、やっとご紹介です。
9月料理教室の模様はこちら↓↓↓
http://tutibaku.blog56.fc2.com/blog-entry-33.html

こんなに遅れたのは・・・私、つちの責任です。。。

イヤー、実はPDFファイルにして貼り付けられないかと試行錯誤していたんですが、結局放棄しました。やっぱりムリなんでしょうか。誰か知ってたら教えてぇ~!!

・・・というワケで、相変わらず素朴なフォーマットでお届けいたします。


にんじんたっぷり美人ずし
20060924201833.jpg

<材料>うるち米:3.5カップ  小揚げ:2枚  もち米:0.5カップ  トウモロコシ:1/2本  
昆布:10㎝角1枚  にんじん:150g

◎米と一緒に炊くもの
にんじん:すりおろしたもの50g  小揚げ:油抜きをし、みじん切り2枚  昆布:米をうるかす時、一緒に10㎝角1枚

(調味料)みりん:大さじ2   塩小さじ:1/2  梅酢:大さじ2   薄口しょう油:小さじ1  米酢:60~70 cc   酒:大さじ2
◎水は、調味料と合わせて3.5カップ

◎ごはんができてから合わせるもの(塩を入れて茹でる)トウモロコシ1/2本・・・茹でて実を取る  にんじん100g・・・みじん切りにし、少し固めに茹でる

◎飾り
にんじんの葉をちらす

<作り方>
1 米を洗って30分以上おきます。
◎印の順に作業を進め器に盛りにんじんの葉を飾ります。


なすのゴマびたし
20060924201724.jpg

<材料>6人分なす:6本  生姜:100g

(ゴマだれ)
白の練りゴマ:大さじ2   白のすりゴマ:大さじ2  みりん、薄口しょう油、酢:各大さじ2  砂糖:大さじ1  だし汁:150 cc

(飾り)
おろし生姜:好みで人数分   白ゴマ:大さじ2

<作り方>
1 なすはへたを切り、電子レンジで5~6分加熱し、縦4つ~6つ切りにする
2 ゴマだれの材料を混ぜて、ゴマだれを作る
3 1を4~5㎝の長さに切って器に盛り、2をかけてゴマとおろし生姜をのせる
※早めに作ってゴマだれにつけて味をなじませておくと、より美味しくなります


鮭のソテー
20060924201808.jpg

<材料>6本分
鮭:6切れ(下準備用:酒、塩・コショウ、小麦粉) ブロッコリー:1株(4つ割にして塩ゆでして刻む)  トマト(くし切り): 2個

(あんだれ)
スープの素:小さじ1強  バター:大さじ2  塩・粗挽き黒コショウ:少々  水:1カップ  カタクリ粉:大さじ1
   
<作り方>
1 鮭の下準備をする
鮭を酒で洗い、少し置いてから水分を拭き取る。
次に薄く塩コショウをした後で、小麦粉をまぶす。
2 鮭を焼く
フライパンにサラダ油を熱し、魚を皮目から焼き、焼き色が付いたら裏返してふたをし、弱火で蒸し焼きにする
3 あんだれを作る
鍋にスープの素と水を煮立て、ブロッコリーを入れる
調味料を加え、倍量の水で溶いたカタクリ粉でとろみをつける
4 盛りつけ
器に鮭を盛り、あんだれをかける。トマトのくし切りも一緒に飾る


ブロッコリーのかきたま汁
20060924201711.jpg

<材料>6人分
鶏むね肉:100g(小さめに切る)   塩ワカメ:50g(戻してから切る)  卵:(L)2個  ブロッコリー(房を小さめに切る):大1個
【コンソメ:1個   鶏ガラスープの素:大さじ1   水:7カップ   酒大さじ2  塩:小さじ1  薄口しょう油:小さじ1   コショウ:少々】  カタクリ粉:大さじ2~3

<作り方>
1 鍋にAの調味料と水7カップを入れて火にかけ、沸騰した中にブロッコリーと鶏むね肉を入れて煮る
2 1の材料が煮えたらワカメを入れ、味を見る。次にコショウで味を調える
3 溶き卵を流し入れ、ふっくらと仕上げる
4 火を止めてカタクリ粉でとろみをつけ、仕上げます


生クリーム入りパウンドケーキ
20060924201750.jpg

<材料>パウンド型7×18
卵:2個  砂糖:140g  生クリーム:60 cc  ブランディー:20 cc  小麦粉:110g   ベーキングパウダー:2g  溶かしバター:40g

<作り方>
1 ボールに卵を割って入れ、泡立て器で丁寧にほぐし砂糖数回に分けて加えてなめらかになるまで混ぜ、生クリーム、ブランディーを加えて混ぜ合わせる
2 小麦粉ベーキングパウダーを一緒にして、ふるったものを1のボールに加え泡立て器で混ぜ、最後にと下賜バターを加えて混ぜる
3 パウンド型の底の周りに、わら半紙を敷き込み、2を流し入れ、160℃の天火で40分焼きます
※ ハスカップ入り・・・ハスカップの砂糖煮を大さじ2加える。
※ 抹茶入り・・・・・・抹茶小さじ1と半分を小麦粉を一緒にふるいにかける。





2006.10.04 | | Comments(2) | Trackback(0) | 江別

コメント

参考になりました

にんじんの美人寿司は参考になりました。そのような素朴なレシピは家庭に受け継がれてきたものなのでしょうか?

ところでPDFファイルにはしない方がよろしいのではないでしょうか。このままで問題ないと思いますよ。しかし「うるかす」などはわからないと思いますので、「水に浸しておく」などと言い換えておくべきでは。全国から検索して訪問されることもありますからね。

2006-10-07 土 19:44:59 | URL | cityde2 #7xnY8tyg [ 編集]

cityde2さまへ

またまたコメントありがとうございます!
さらにアドバイスも・・・そうですね、ムリせず素人なりのやり方で頑張ります。
「うるかす」・・・確かにわかりませんよね。道外の皆様、「水に浸す」のイミです。このようなご指摘大歓迎です。美人ずし、作ってみてくださいね。

2006-10-08 日 08:59:06 | URL | つち #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。