スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

今年も行ってきました!『ル ゴロワ』

何だか食べ歩き報告になりつつあるが、引き続き東京回顧録・・・

1月23日(金) 東京滞在日程も残すところ僅かとなったこの日、東京へ行ったら必ず立ち寄る”心の故郷”=『ル ゴロワ』へ出かけた。
      2009_01_23ル ゴロワ1 2009_01_23ル ゴロワ 息の合った作業

またこの活気に満ちた厨房で繰り広げられる”ゴロワ劇場”を見ながら、楽しい一時を過ごすのだ。真正面にそれを捉えるべく、お気に入りのカウンター席に落ち着いた。
       2009_01_23ル ゴロワ・豚の色々な部位のゼリー寄せ 2009_01_23ル ゴロワ・ゴロワのサラダ


定番の大盛りポークリエットのアミューズに続き、最初のメニューが運ばれてきた。つちが選んだのは「豚肉の色々な部位のゼリー寄せ」 この美しいモザイク模様は耳、鼻、首、足などなど豚のあらゆるパーツの結晶。こってりした味を想像していたが、とっても爽やかでグリーンと一緒にサラダ感覚でさらりと頂ける。夏にもいいなぁ~、シャンパンと一緒に(なーんて、お酒飲めなかった!!)

連れは外すことの出来ない「ゴロワのサラダ」を。いつ食べてもこの一皿だけでここへ来てよかったと思わせる迫力がある。この時期江別『宮本農園』のベビーリーフが頂上を飾っていないのだけが、ちょっと淋しいのだが・・・
       2009_01_23ル ゴロワ カボチャのスープ冷製 2009_01_23ル ゴロワ オニオングラタンスープ
スープは「カボチャのポタージュ」。繊細な甘みを味わうため温かいのと冷たいの、どちらを選ぶか迷ったが、冷製をチョイスし期待通りの味を堪能できた。フランスでは”カボチャと言えばスープ”らしいが、確かにスープと言うかジュースと言うべきか、誰をも純真な子供時代に戻す黄金色の甘い誘惑だ。

一方の連れは冬にぴったりの「オニオングラタンスープ」。食べるスープの代表とも言えるオニオングラタンだが、この後のボリュームがちゃんと計算され、さっぱりと仕上がっていた。
       2009_01_23ル ゴロワ 大塚マダム 2009_01_23ル ゴロワ・ジャン=フォワイヤール「モルゴン キュベ コルスレット」
ワイン狂いの連れが今回初めて『ル ゴロワ』にて、ボトルでワインを頼むと意気込んでセレクトしたのが、ジャン=フォワイヤールの「モルゴン キュベ コルスレット」。ボトルの厚みといい、蝋キャップといい、これは期待できると興奮気味の右隣。大塚マダムがそれを優雅にグラスに注ぐと、果たして大輪のバラのような香りが漂ってきた。ちょっと我々には不釣合いなエレガントさだ。
       2009_01_23ル ゴロワ 本日の魚 2009_01_23ル ゴロワ 茶路めん羊牧場羊のロースト
メインはつちがお魚。連れは羊を選んだ。どちらも白アスパラやゆり根など、この時期の貴重な北海道野菜が盛られている。その中でもさらに貴重な江別産野菜を発見!

お魚の中の薄紫色に見える赤大根と・・・
       2009_01_23ル ゴロワ 本日の魚に添えられた江別『伊藤農園』のホドイモ 2009_01_23ル ゴロワ・チーズ盛り合わせの中の『米村牧場チーズ工房プラッツ』チーズ
これ、種子のように見えるジミィ~な物体、ホドイモ(アピオス)だ!どちらも江別・伊藤聖子さんの作品。ホドイモはツルごと素揚げしてあって驚いたが、食べてみるとツルも美味しい。ホクホクして甘く、小さい体のくせに栄養の塊といった感じがする。

ほぼ満席のゴロワの各テーブルに、このホドイモが次々運ばれていく。すると奥まったテーブル席に北野武氏を発見。もちろんそのテーブルにも聖子さんのホドイモが運ばれていくのを、この目がしっかり捉えた! ホドイモは間違いなく彼の胃袋に納まり、明日の糧になったことだろう。

デザートの前に、大塚マダムが「北海道産チーズの盛り合わせ」を準備してくださった。殆どが白糠酪恵舎のものだが、その中に食べ慣れた味があった。

実は1週間ほど前に江別『米村牧場チーズ工房プラッツ』米村千代子さんがここを訪れていたのだ。(その翌日には江別の鶴見照子さんも訪れている!)その馴染みの味はプラッツのチーズだった。

千代子さんは、3年前の1月1日(元旦)に大塚ご夫妻が牧場を訪れた際もらった名刺をずっと大事に携えて、『ル ゴロワ』に行く日を夢見てきた。それがやっと叶ったのだ。

千代子さんがお土産に持参した12ヶ月熟成のチーズは、『ル ゴロワ』のお皿の上でしっかりプラッツらしさを放っていた。
       2009_01_23ル ゴロワ 冬のパフェ 2009_01_23ル ゴロワ 白糠酪恵舎のリコッタチーズケーキとショウガのアイス
最後のデザートはメニューの中の「冬のパフェ」の文字に心躍らされ注文。連れは裏メニューの「白糠酪恵舎のリコッタチーズケーキとショウガのアイス」

パフェなんて子供の時以来だろうか。この欲張りで無邪気な子供の夢のデザートを、大人が気取らず楽しめるのは、大塚マダムの粋な計らいだろう。「ゴロワのサラダ」のデザート版のようにも感じる。

夢のような一時が過ぎた。最初に入って最後の客にもなった。
大塚マダムがいたずらっぽくキラキラした瞳で見せてくれたのが、「マダムの牧場手帖」と題されたホームページ画面の印刷。そう、『ル ゴロワ』にホームページができたのだ!まだ未完成のホームページだが、マダムの夢を綴ったこのページが真っ先にUPされている。

その第1話は「北海道で馬車のケーキ屋さん」というもの。念願の馬を4頭手に入れ、北海道に連れて行くという夢の実現に舵を切った大塚マダム。その原点と信念を語った素敵な物語だ。以前お会いした時に「夢はきっと叶う」と語ってくれたマダム。その1歩を踏み出したのだ。

いつもお皿の上で、「おいしいものを少しずつ全部食べたい!」という私達の夢を叶えてくれている大塚ご夫妻。その奥にある” 夢を見続ける力”と”実現する勇気”をいつにも増して強く感じた。
これからホームページのストーリーが進むのと同時に、一緒に夢を追いかけられるのが楽しみだ!


『ル ゴロワ』 HP!!
渋谷区神宮前2-3-18
TEL 03-3404-0820

ランチ   12:00~14:30
ディナー 18:00~21:00
月曜日定休(祝日の場合は翌日休)

2009.02.07 | | Comments(4) | Trackback(0) | 出張報告!

コメント

思わず反応...

こんXXは。

食材の存在感抜群の料理の数々ですね。
敢えてそういう料理を選んだのでしょうか?それともシェフの
特徴なのかな?

ボジョレー馬鹿のσ(^^)としては思わずフォワイヤールに反応
してしまいました。コルスレットは未経験。コート・デュ・ピィ
しか飲んだことはないです。と言っても数えるほどですが...。

ボジョレーはその特徴的な香りの割に、土のニュアンスを感じる
食材に合う気がします。モルゴンはガッチリした構成があるので
しっかりとした料理にも合わせられるのでしょうね。(^^

いやぁ~旨そうだ!

2009-02-07 土 22:47:41 | URL | まるどら探検隊 #- [ 編集]

素敵なお店ですねー^^
そして北海道の食材を
取り入れてくださっているというのが、
とってもうれしいですね!

東京のお店はなかなか行けませんが、
東京に行った際には、
ぜひ足を運んでみたいお店です!
教えていただきありがとうございました^^

2009-02-07 土 23:29:55 | URL | よし #- [ 編集]

まるどら様

お久しぶりです! 「土のニュアンスを感じる食材」ですか・・・シェフか聞いたら喜ぶと思います。ゴロワさんの料理は大地に腰を下ろしてガツガツ食べたくなります。多分シェフとマダムがいつも北海道の大地を思い描きながら作っているからでしょう。

コート・デュ・ピィの方もリストにありました。次回試してみたいです。

2009-02-08 日 20:59:05 | URL | つち #- [ 編集]

よしさま

コメントありがとうございます!
ゴロワさんは東京で北海道が恋しくなった人達の心の拠り所です! シェフもマダムもそれを目指していると語っていました。

是非東京へ行くことがあれば、訪ねてみてください。江別の農家さんも続々来店していますよ。

2009-02-08 日 21:02:03 | URL | つち #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。