スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

江別の秘境、巴農場に「おぼろづき」を訪ねて・・・

何やら大げさなタイトルに半信半疑・・・ってゆーか、意味不明!という方、多いと思います。

でも本当に秘境なんです。。。まるごと江別グルメ会の豊幌3人娘(?)の1人、岡村恵子さんの農場!

「二股を、川渡ったら・・・」と言われるままに車を進めるうちに・・・ココハ何処デスカ???

「ここは中州なの。石狩川の治水工事で流れが変わって残された場所が沼になってるから、ここの土壌は独特なんです。」
20061001213007.jpg

岡村さんの米江別でも最も食味がいいとの評判を聞いていたが、この秘境ゆえなのか?


「ここの土は沖積土で、収量は少ないんだけど、米でも野菜でも甘味は何処にも負けません!

この沖積土はどうやら養分保持力が高いらしい。触った感触は・・・アーモンドプードルのよう。しっとりしていてキメが細かい。

折りしも稲刈り進行中。岡村さんはいち早く入った新米の注文に、その都度精米して袋詰めする。
袋の中に顔を突っ込んでみると・・・「炊きたてのご飯と同じ匂いがする!
20061001212950.jpg 20061001212907.jpg

岡村さんが手渡してくれた精米したての米袋は調度人のぬくもりのような温かさ。思わず抱きしめたくなる。。。

ところで岡村さん、おぼろづきを生産してるんですよね?

「今年からね。でも”おぼろづき”は収量が少ないし、割れやすいのも難点。他の米より余計に糠を残して精米してるんだけど。研いでる時にもかなり割れるの。正直言ってまだ自信ないです。」

その”おぼろづき”を試食させてもらった。程よいねばりがあって冷めてもしっかりと弾力がある。でも何だか味も香りも控えめ・・・

「そう、食感はいいんだけど、味はやっぱり”ほしのゆめ"の方があるんです。」

岡村さんの自信作は”ほしのゆめ”とのこと。長年のお客様からは「瑞々しい」と根強い人気!
20061001212919.jpg 20061001213027.jpg

今年は初夏の低温から一気に夏の暑さがきたので、分けつが少なく収量は少なめ。そのかわり”青米”と言われる未熟米が少ないので出来はいいそうだ。


やがて秘境に夕暮れがやってきた。。。

「ここは最高! ここに色んな人に来てもらってゆっくり過ごしてもらいたい・・・でも来てもらいたくない気持ちもあるんです。秘境は秘境のままでいいかなと。」
20061001212931.jpg 20061001213058.jpg


岡村さんにとって大事なこの場所で育った「秘境米」、是非どんな場所なのか想像しながら食べてみて!


岡村農場のお米

ご希望の方はお電話で・・・TEL 011-384-6590

ほしのゆめ、ななつぼし  3,400円/10kg(5kgでも可)
おぼろづき、はくちょうもち 4,000円/10kg( 〃   )

★送料は道内なら重さに関係なく、11月いっぱい一律400円 江別市内なら岡村さん本人が配達します!

是非新米のこの時期にトライしてみて!

2006.09.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。