スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

早めの年越しそばとクリスマスワイン?

12月21日(日) 「北の蕎麦や開業指南~原始林山荘のそば打ち体験!」でおなじみ、野幌原始林の秘境そば処=『コロポックル山荘』に、早めの年越しそばを求めて参上した。

今年の営業もあと僅か、「新そば」も間もなく味わえなくなるとあって店は大繁盛。
寒いこの時期なので、五十嵐師匠おすすめの温そば、「ごぼう天ぷら蕎麦」を注文。
                   江別『コロポックル山荘』ごぼう天蕎麦 
実はこちらで温そばかつ天そばを食べたのは初めて。いつも手刈り・天日干しの甘みを存分に味わいたいと、盛りしか食べてこなかったが、ご覧の通り羽毛のように薄く繊細な衣に包まれたたっぷりのごぼうに大満足。


対して連れはまだ年越しには思い及ばず、蕎麦やでクリスマスを味わいたいとワインを持ち込み。
       江別『コロポックル山荘』蕎麦+清見 江別『コロポックル山荘』クリスマスリース 
事前に数本の北海道産ワインを試した結果セレクトしたのは、十勝ワインの「清見」だった。五十嵐師匠の意表をつく選択だったようだが、どうして蕎麦の薬味、ネギ、ワサビ、辛味大根などといいバランス。

「ワインねぇ、おもしろいですね。意外にバジルなんかもそばに合うんですよね。だからいけるかも。」

と寛容な女将さんにはこの奇矯をちょっと容認していただけたもよう。


さてさて『コロポックル山荘』の営業は12月28日(日)まで。ふたたび香り高い江別のそばを味わえるのは来年4月となる。それまで禁断症状が出るぅ~という方に朗報あり。

来年2月頃から「江別サンデー&サタデー マーケット in 防災ステーション」「生そば」を出品しようと、五十嵐師匠が準備を進めている。

そして同じく2月から師匠直伝のそば打ちを体験できる「北の蕎麦や開業指南~原始林山荘のそば打ち体験!」も、野幌町の師匠宅で再開される。

「そば打ち」+ワイン+チーズの試食会なんていうオリジナル体験もご要望に応じてOK!
山荘が雪の中静かに眠っている間、自由に楽しくそばで遊びたい!

体験お申し込みは下記まで↓↓↓
「北海道体験.com」

2008.12.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。