スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

アヌシーのガレット屋

ローヌ・アルプの高級農村リゾート地=ムジェーブから、途中フェルミエチーズ工房に立ち寄り、宿泊先のアヌシーへと戻った。いよいよ明日はここを発ち、次なる目的地、ボフォールへと移動する。

アヌシーでの最後のランチは、偶然にも”ブルターニュ・ガレット”となった!
こんなところでガレットと再会できるとは! 先月からの”釧路ガレット””江別ガレット”に引き続き、こちらは正式には”アヌシー・ガレット”なのだろうか・・・? いずれにせよ、海を越えてもガレットと縁がある。

ジャポネは風変わりだと思われただろうが、厨房に張り付いてガレット焼きの工程にシャッターを切り続けた。もちろん苦笑されながら・・・
   アヌシーのガレット1 アヌシーのガレット2 アヌシーのガレット3


   アヌシーのガレット4 アヌシーのガレット5 アヌシーのガレット6
   アヌシーのガレット7 アヌシーのガレット8 アヌシーのガレット9
フィリングは季節柄、キノコとベーコンと卵。意外にも卵を潰してガレットの上で混ぜていた。
出来上がりはかなり荒々しい生地。それにしてもデカイ!! ”釧路&江別”の1.5倍くらいだろうか。厚みも相当ある。食感はムッチリしていてソバ粉が詰まっている感じ。途中ベッタリとバターを塗っていたのだが、バターの香りはせず粉の風味が圧倒的に強い。個人的には”釧路&江別”の方が好みだが、こちらは食べ応えがある。

そして飲物はやはりシードル。ブルターニュの陶器、カンペール焼きのボウルに入れて飲むのが流儀のようだ。注ぎいれるとクリーミーな泡が立つ。そのお味は、やっぱりつちには”シナチク”に思えてしまうのだった。。。

そしてまたまたつづく・・・

2008.11.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | 出張報告!

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。