スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

江別でマカロンが買える!『ラ・プティ・スリーズ』

以前江別フレンチ『シェ・キノ』でソムリエとして働いていた結城恵さんが、今年の7月に夢のお菓子屋さんをオープンさせた。

9月11日(木) その店『ラ・プティ・スリーズ』にやっと伺うことができた。
                江別『ラ・プティ・スリーズ』外観
リフォームなどを手がけるご主人の会社、「サクラリファイン」の社屋前に、真新しいショールームのようなスペースが現れた。これが結城恵さんの城だ!

扉を開けると結城さんがソムリエ時代と同じ百万ドルの笑顔で迎えてくれた。小さなおもちゃ箱のような店内は、今までずっと雑誌や本で見て憧れてきたイメージを、1つ1つ彼女が現実のものに作り上げた。もちろんご主人の、「サクラリファイン」のデザインがそれを支えたのだろう。
       江別『ラ・プティ・スリーズ』結城さん 江別『ラ・プティ・スリーズ』ショーケース


小さなショーケースながら色とりどりのお菓子が並んで目移りしてしまう。アイテムは主にマカロンとカップケーキ、焼き菓子とコンフィチュールだ。

カップケーキとは、懐かしいようで新鮮な印象だ。なぜカップケーキを選んだのだろう?

「自分が食べたかったんです。雑誌で美味しそうなカップケーキを見つけて、色々なケーキ屋さんを探したんですけど、売っているものはみんな高級すぎて・・・もっと気軽に手で掴んでガブッと食べられるようなのがないかなーと思って、自分で食べたくて作ることになっちゃったんです。」

かしこまることなく無邪気に笑う彼女の言葉に心から賛同してしまう。カップケーキはどれも甘さを大胆に控え、油っこさと重さとも距離を置き、どこまでも軽やか。しかし素材にはこだわっている。例えば「カフェ・ショコラ」にはフランス産のコーヒーエキスで作ったクリームをデコレーション。これも店をオープンさせるずっと前から、家でケーキを焼きながら色々な菓子材料を取り寄せて選びに選んだ素材だ。
       江別『ラ・プティ・スリーズ』カップケーキ 江別『ラ・プティ・スリーズ』焼菓子
つちが一番気に入ったのが「フランボワーズ・ブルゴーニュ」(カップケーキ写真右奥)。フランボワーズの少女的な甘い香りのクリームの下に、ブルゴーニュワインを使ったチェリーとストロベリーの大人顔のコンフィチュールが隠れている。こういう女性がいたらさぞかし男泣かせだろうと思いながら、この蠱惑的な香りに酔いしれた。

マカロンはと言うと(実は持ち帰ったらつぶれてしまい、写真なし)・・・もっと気に入った!

正直巷で流行のマカロンには食指が伸びなかった。かつて食べた本場仕込は香料と甘みの強さが脳神経を直撃、悪酔いしてしまった。そんなわけで今回この『ラ・プティ・スリーズ』看板商品を恐る恐る口にしたのだが、そんな苦い過去が霧消した。マカロンってこんなに素敵なものだったのか・・・!

「私もフランスのマカロンを食べて甘いのと香りがきついのにビックリしたんです。でも色はきれいだし可愛いし、この形で自分好みの味に変えられたらと思って作ったのがこれなんです。」

サイズも小さめで可愛いが、味も可愛い。マカロンってどうやって作っているのか、何が入っているのかよくわからないが、ともかくこの小さな円の中においしい味がギュッと詰まっている。結城さんの理想がこの中に全て表現されているようだ。

結城さんのお菓子はどれも、彼女自身が食べたい味が原点。どこか懐かしくて素朴。しかし素材の繊細な組み合わせには個性が光る。どこにも売っていないオリジナルな味だ。
                江別『ラ・プティ・スリーズ』コンフィチュール
もう1つ最大の特徴は豊かな香り。ソムリエのセンスが特に発揮されるのがコンフィチュールだ。おすすめの「アルザス」は、洋梨にアルザス産のキルシュを加えたもの。食感と香りを生かすため、あえて煮詰めずフレッシュ感を残している。ベストコンビはヨーグルトと聞き、さっそく合わせてみた。蓋を開けた途端気品のある香りがふわっと立ち上る。平凡な朝のヨーグルトがアルザス風に感じられリッチな気分だ。

その他のラインナップも「キウイシャンパン」「ブルゴーニュ」など試したくなるものばかり。ボジョレー・ヌーボーの時期にボジョレーを使ったコンフィチュールも面白いかも・・・などとアイディアは次々と浮かぶようだ。季節毎の香りをコンフィチュールで楽しみたい。

これからも大好きなワインをテーマに新作をどんどん出して行きたいとのこと。流行とは無縁の創造性に富んだ結城ワールドの展開がこれからも楽しみだ!


                
『ラ・プティ・スリーズ』
http://www.la-petit-cerises.com/

江別市錦町38-1   Tel&Fax 011(385)1551
毎週木・金・土曜日の12:00~18:00営業

2008.09.24 | | Comments(0) | Trackback(1) | 江別

トラックバック

http://tutibaku.blog56.fc2.com/tb.php/334-476742f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

足の向くまま...

 今日も散歩コース?です。 先ずはつちばくさんの紹介されていたお菓子屋さん、『ラ・プティ・スリーズ』さんへ。 JR高砂駅から歩いて20分弱といったところでしょうか?           マカロンも気になりますが、今週のコンフィチュール「アルザス」(洋梨...

2008.09.27 | 脱力系ワインのブログ

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。