スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

江別・篠津旧兵村フットパスを行く!

6月28火(土) 江別・江北地域の「川づくり有志の会」主催のフットパスツアーに参加。約7kmのルートを踏破した!

ピカピカの晴天に恵まれたこの日、まちづくりに興味のある江別市民の方々などが「町村農場」に集合。
「川づくり有志の会」会長の桑原則男さんのアテンドで篠津河畔~中津湖の散策路、題して「江別・篠津旧兵村フットパス」へ出発した。
      江別・篠津旧兵村フットパス・桑原さん 江別・篠津旧兵村フットパス・町村農場付近


川沿いに続く小道はしっかりと草が刈られ、スニーカーで歩くのに支障はない。この散策路は8年もの歳月を掛けて有志の会の方々を始めとした地域住民の方々で整備してきたそうだ。そして農村環境保全活動に対する補助金を利用して除草機などを購入し、定期的に草を刈っているとのこと。
      江別・篠津旧兵村フットパス・ふれあいの里直売所 江別・篠津旧兵村フットパス・しのつ河畔林1

スタートから1kmの地点、篠津地区の「ふれあいの里直売所」に到着。まずは畑から直送の新鮮野菜を品定めして今晩のおかずを決める・・・? 国道275号線を横切った先が「しのつ河畔林」。いつも275号線を当別へ向かう際気になっていた場所なのだが、自由に散策できるとは知らなかった。

ここは度々起こる石狩川の氾濫による被害を緩和するための、いわば自然の防波堤の役割を果たしてきた。明治時代の開拓が進む中次々と姿を消していった河畔林の貴重な生き残りで、現在は江別市の指定保存樹林として、「草野河畔林トラスト財団」という機関が管理し、素晴らしい景観を保っている。

なるほど立派な巨木!この空間に入った途端、不思議と守られているような安心感を感じる。自然の防波堤は、今でも住民の安心感の源としての役割を果たしているのだろう。
      江別・篠津旧兵村フットパス・しのつ河畔林2 江別・篠津旧兵村フットパス・中津湖フナ釣り

涼やかな森を抜け出ると、石狩川のせき止め湖、中津湖に出る。ここはフナ釣り場として人気のスポット。果たして湖畔には点々と釣り人のパラソルが咲いている。
      江別・篠津旧兵村フットパス・中津湖掲示板 江別・篠津旧兵村フットパス・中津湖掲示板2

こののどかで美しい光景も8年前はほとんどゴミの投棄場のような状態だったという。それを地元住民やフナ釣り愛好家の皆さんの力で毎年清掃活動を行い、ここまでにした。今では釣り愛好家の憩いの場となっている。
      江別・篠津旧兵村フットパス・中島地区 江別・篠津旧兵村フットパス・江別バーガー

最終ラウンドは”江別まぼろしの米所”中島地区の畑を縫って歩き、再びしのつ河畔林へ到着すると、お昼のお弁当が待っていた!

意外にも洋風かつ現代的なランチ。メニューには限りなく100%に近いALLエベツ産「江別バーガー」「町村牛乳たっぷりのグラタン」と書いてある。『cafe & Rest Bar OLD-e#』特製ランチだ。青空に下、出来立てを頂くと恐ろしいほど食が進む。

お腹を満たした後は引き続き青空の下で、参加者間のディスカッションを行った。河畔林の大樹から湧き出す独特の癒しパワーと今日の気持ちのいい汗、いい天気、有志の会の方々やボランティアガイドの皆さんの心のこもった案内に、皆満たされた雰囲気だった。

コレと言って珍しさもなく、華やかさもなく・・・でもカメラを構える度に「また来たい!」・・・というより、「もう少しここに居たい!」という気持ちがヌクッと湧き上がる。一瞬では味じわえない魅力が隠れている気がする。フットパスの魅力を初めて体験した1日だった!

2008.07.07 | | Comments(2) | Trackback(0) | 江別

コメント

フットパスツアー

案内状ももらったので、ぜひ行きたかったイベントだったんです。
でも用事が重なってしまい涙をのみました・・・。


ステキなイベントだったようですね♪

2008-07-07 月 22:58:56 | URL | みどり #- [ 編集]

みどり様

期待以上でした!
是非訪れてみてください。

2008-07-09 水 11:07:22 | URL | つち #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。