スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

石窯見学ツアー

ひさびさのエントリー♪

4月25日(金)は奇妙な旅に出かけた。その名も「石窯見学ツアー」

実は『山菜フルコース』でお世話になっている当別の体験農園「フレンドリーファーム」で、この夏石窯を手づくりする計画があるのだ。

今回はオーナーの佐藤信廣さんが”理想の石窯モデル”を探すため、実例を色々見たいとの希望があり、つちがオーダーメイドの旅をご用意。

行程は・・・

三笠「山崎ワイナリー」石窯見学&ワイン購入 ⇒ 岩見沢「清丘園」雉の玉子購入(つちの個人的買い物) ⇒ 栗沢「ミルトコッペ」石窯&石窯パン購入 ⇒ 栗山「食事の家 いちご」いもまんじゅうを食す ⇒ 栗山「小林酒造」日本酒購入(佐藤氏の個人的買い物) ⇒ 栗山「谷田製菓」きびだんご購入(同じく佐藤氏の個人的買い物) ⇒由仁「ふれあい体験農園みたむら」石窯見学 ⇒ 千歳「レストラン アンサンブル」石窯見学 ⇒ 千歳「手作りアイス花茶」で食事・・・

というかなり複合目的の旅。食べ物目的の数に「石窯見学ツアー」の表題がちょっと霞んで見えるが、ま、そんなことは気にせずスタート。

まずは三笠の山崎ワイナリーで、オーナーの山崎和幸さんが手づくりした石窯を拝見。
                  山崎ワイナリー石窯


土台から石を積み上げたドーム型のかなり大きい窯だ。鉄の扉も手づくり。中で火を焚き、おき火にしてから、焼く物を入れるタイプ。煙突はなく、空気の出し入れは扉の開閉で行うようだ。扉付近の1本抜かれたレンガがもしかしたら煙突代わりかも。ちゃんと雨風避けの囲いもしてある。

もう完成から3年くらい経つが、「あまり使ってない。」とのこと。どうやら”使う”より”作る”のが目的だったよう。「自由に使ってください。」ということなので、この窯で焼き物をしてみたい方は問合せしてみては?

ちょうど翌日(4/26)から直売所オープンとのことだったが、お願いして無理やり販売していただき、物欲を満たしてから、次なる目的地、岩見沢清丘園へ向かった。
       岩見沢清丘園のキジ 岩見沢清丘園のキジ卵

ここでは食肉用の高麗雉を飼育しており、その美味しさは江別フレンチの「シェ・キノ」で味わい熟知している。今日の目的はキジ卵

4月から7月いっぱいまでしか産卵しないため貴重なもの。初めて目にしたキジ卵は写真のとおり、茶系やグレー系の様々な色をしていてニワトリの卵より一回り小さめ。(ちなみに白いのはニワトリ卵のLサイズ)

「殻が離れにくいので、茹で卵には向かないかも。」という、所長の白戸浩雅さんのアドバイスに従い、殻を割るという最も簡単な調理法(=つまり生)で試食。

小さいのにズルンと重量感のある落ち方。なるほど殻が離れにくいというだけあって、弾力のある白身が頑強に殻にしがみついている。黄身は箸で引きちぎっても引きちぎっても、なかなか思うように液体化しない。なんだかニンニク卵黄の粒みたい。ウズラの卵がミネラルやビタミンの豊富なことは知られているが、これも相当栄養価が高そう。味は肉同様”あまい!”
                                                              
清丘園では産卵から2日以内の新鮮な卵を7月いっぱいくらいまで販売中。小さいながら1個40円と平飼い卵と同等のお値段だが、これだけ身が締まっていることを考えると、多分栄養価では劣っていないだろう。ともかく一度食べてみよう。おすすめ調理法は”殻を割る=生”だ!

ちなみに清丘園内の食堂「喜地丸燻(きじまるくん)」では、名物「キジラーメン」が食べられる。こちらのレポートは「さっぽろ麺くいブログ」のまつもと由季さんのレポートで・・・                                                                                          
あ、あれ、アレ? なんか「グルメツアー」報告になっちゃった。。。いや、この後ちゃんと石窯も見学します。続きは次回で。


キジ卵の販売

岩見沢清丘園「喜地丸燻」
岩見沢市日の出町604-2
TEL : 0126-22-1441
11:00~18:00 水曜定休

2008.04.27 | | Comments(2) | Trackback(0) | 出張報告!

コメント

ご紹介ありがとうございますm(_)m
キジ卵、甘そう。食べてみたい!!

それにしても、贅沢な行程ですね~
私もご一緒したいくらい。
山崎ワイナリーさんのコテージで、一泊してみたいです(^ ^)

2008-04-28 月 12:35:25 | URL | まつもと由季 #- [ 編集]

まつもと様

キジ卵、ホントに甘かったです。
現在この卵3個にキジ肉でキジ親子丼が現地で食べられるそうです。
こちらもトライしてみたいです!

2008-04-30 水 00:05:16 | URL | つち #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。