スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

当別・紙ひこうきで地粉生パスタづくり!

先月のこと、最近つちが”隠れ家”にしている(?)当別のカフェ『紙ひこうき』を早朝に訪れると、なにやらいい香りが漂ってくる。

「ハイ、おはよう。」

オーナーの近藤善隆さんが腰巻、いやサポーターを巻いて物々しいいでたちで登場。

「これからパスタ打つからさ、結構腰使うのよ。」

AM10:00、考えたらオープン前。しかしここは図々しく上がりこんで、名物「当別産小麦粉の手打ちパスタ」道場を見学させていただくことにした。
当別紙ひこうき・地粉手打ち生パスタづくり1当別紙ひこうき・地粉手打ち生パスタづくり3当別紙ひこうき・地粉手打ち生パスタづくり4


さっそく作業を開始すると、早い、早い。驚くべき手際よさでパスタ生地が形になっていく。
当別紙ひこうき・地粉手打ち生パスタづくり6当別紙ひこうき・地粉手打ち生パスタづくり8当別紙ひこうき・地粉手打ち生パスタづくり10

卵たっぷり液に地粉が振り入れられると、近藤さんの両手がボウルの中で踊る。その度に卵と小麦粉の懐かしいようなやさしい香りがふわふわっと立ち上り、この時点でおいしそうなのだ。

難なく、おとなしく、卵と小麦粉が一つに丸まった。
さらに一体感を高めるため、この生地は冷蔵庫にそっと一晩ねかせておく。

と同時に、彼らが収まった冷蔵庫から別の個体が取り出される。
当別紙ひこうき・地粉手打ち生パスタづくり12当別紙ひこうき・地粉手打ち生パスタづくり15当別紙ひこうき・地粉手打ち生パスタづくり16

昨日練って一晩じっくり休んでいた生地。これをパスタに仕上げていく。
当別紙ひこうき・地粉手打ち生パスタづくり18当別紙ひこうき・地粉手打ち生パスタづくり19当別紙ひこうき・地粉手打ち生パスタづくり20

すごくアバウトに目分量で切り分けていく近藤さん。あいかわらずマシーンのように手が早い。
あれよあれよとロングパスタの長さにまで生地が伸ばされる。

最後に裁断され完成!1時間足らずの工程だった。
それにしてもパスタを捏ねたり、伸ばしたりって気持ちよさそう。なんだか癒される。

「やってみたい!!」

「やれるんです。」

「北海道体験.com」のメニュー、 「 『手打ちパスタ』と『コーヒー焙煎』 に挑戦!~ログハウスの手づくりパーティー 」で!

「紙ひこうき」のログハウスで地粉の手打ちパスタづくりと、生地を1時間ばかりねかせている間は,近藤さんの”秘密の基地”=ガレージ改造焙煎所で、お好みの焼き加減で珈琲豆をロースト

最後は自前のパスタを茹でて旬の野菜を具材にしストレートに味わう!食後はこの世に一つ、自分だけのために焙煎されたコーヒーで締め。

そしてそして、パスタもコーヒー豆も、ご自慢の作品をお土産にできる
こんなスペシャリティーは他にない!!

さらにお天気がよければ、アウトドアパスタアウトドアコーヒーなんてぇこともできちゃう!
おいしい食べ物にありつきながら、のんびりとログハウスを独占して、近藤さんと当別やコーヒーのこと、音楽のことなんかについておしゃべりして半日が過ぎていく。何でもない時間が心に残る特別なものになるはずだ。。。

「 『手打ちパスタ』と『コーヒー焙煎』 に挑戦!~ログハウスの手づくりパーティー 」
お申し込みはこちらまで↓↓↓
「北海道体験.com」

2008.04.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 出張報告!

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。