スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

隠し味は愛情-『ケータリング美利香』の料理

2月20日(水) 北海道厚生年金会館で「平成20年道産新品種を食す会」が開催された。

道の研究機関で開発された新品種の農産物PRのため、食に携わる関係者を集めた試食会だ。
この試食用の料理を提供したのが、石狩管内農村女性グループ『ケータリング美利香』
生産者自身の手で農産物を調理して、消費者に届けようという、6名の有志だ。

前年までいわゆる”シェフ”による調理で同趣旨の試食会が行われていたようだが、今年初めて”シュフ”の手料理で味わってもらおうという案が採用になったようだ。
       ケータリング美利香・道産新品種を食す会・メニュー1 ケータリング美利香・道産新品種を食す会・メニュー2


当日18:30開始に向け、朝から美利香メンバーが総出で作り上げた料理はおよそ30種類。
メニューはどれも「新品種を普通の家庭で使ってもらいたい」という思いから、シンプルなおかあさんの手料理ばかり。

高橋知事の掛け声で試食会がスタート。料理研究家やシェフも大勢。マスコミの取材もスゴイ!
       ケータリング美利香・道産新品種を食す会・、メニュー3 ケータリング美利香・道産新品種を食す会・知事

メンバーの想定に反して、真っ先に品切れになったのはポテト料理。新品種の「はるか」を使った「芋のミルク煮」や、「HP01」を使った「ポテトサラダのハム巻き」「べークドポテト」など、本当にシンプルなメニューだ。

「何が入っているんですか?」との質問が相次いだのは「TC2A」を使った「かぼちゃのポタージュ」。 答えもまたシンプルに「かぼちゃと牛乳だけ」とのこと。
       ケータリング美利香・道産新品種を食す会・小栗さん ケータリング美利香・道産新品種を食す会・星澤先生

素晴らしいことに、およそ1時間の試食タイムでどの皿もほぼキレイに食べつくされた。美利香メンバーには来場者から次々と賞賛の言葉が送られた。星澤幸子先生からもお褒めのお言葉が・・・

最後に美利香メンバーが壇上に上がり、代表の小栗美恵さんがご挨拶。

「私たちの料理は、自分たちが普段作っている本当の家庭料理です。ただし材料にはこだわっています。砂糖や酢なども道産品を使っています。そして今日の隠し味は、私たちの愛情です。」

さらりと発した言葉には強い説得力があった。この安心感こそ”美利香料理”の最大の負荷価値だ。やさしい味付けの飽きの来ない定番料理だから食も進む。廃棄ロスもなし。さすがは最強の”母”集団!

やっぱり誰もが「食べ物」を通じて欲しているものは、「愛情」なんだと思う。『ケータリング美利香』のこれからが楽しみだ!
                     ケータリング美利香・道産新品種を食す会・挨拶

2008.02.21 | | Comments(1) | Trackback(0) | 未分類

コメント

レポートありがとうございます。

2008-02-22 金 00:35:37 | URL | 羽田の玉ちゃん #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。