スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

東京でのエトセトラ

さて、再び東京の写真コレクションをご紹介!
アタゴール野菜トリアタゴール・ジビエトリアタゴール・ベカストリ

恵比寿駅前を歩いているとレストランの店先にこんな野菜カゴを発見。つい見入ってしまう。
会社帰りのサラリーマンやOLさんが忙しく行き交う歩道に張り出して、ちょっと唐突なテラス席が設けられている。何となく中を覗くと野菜カゴの裏側に”こんなもの”がぶる下がっていた!


「ジビエ」・・・ウズラ、キジ、山シギの3人様。
結局食べたことのない野菜と山シギに惹かれてここで食事をとることに・・・
期待通り山シギのプレートには初モノとなる野菜が盛られていた。

中でも気に入ったのが黒キャベツ紫ニンジン
黒キャベツはイタリアではポピュラーな野菜のよう。結球しないサボイキャベツといった外観だ。
紫ニンジンもヨーロッパでは普通に食べられているようだ。どちらもこの店ではローストして付け合せてあった。黒キャベツの肉厚な葉からは深いダシが滲みだしてくる。紫ニンジンはニンジンというか、カボチャというか、ニンジンなのにホクホクしている。どちらも旨い!

いずれの野菜も鎌倉まで行って買い付けてくるそうだ。そういえばコートドール斉須シェフもスタッフを引き連れて鎌倉野菜を調達すると言っていた。「遠くまで大変ですね・・・」と言うと、「だって近くに直売所がないんだもの・・・」と返された。そうだよなー。

高級食材のフランス産ベキャス(山シギ)そっちのけで野菜を賞賛していると、お土産に紫ニンジンを1本持たせてくださった。
アタゴール・キャベツ撮り松の助小トリ松の助大トリ
デザートは場所を移動し、代官山のアメリカンホームケーキの店へ。アップルパイの迫力にビックリ!本当はいつも米村牧場で頂く「カウボーイケーキ」のルーツを探るべく訪れたのだが、それらしきものはなく、あいにくオーナーも不在で情報は得られなかった。

1人では持て余すほどのアメリカンサイズのアップルパイをつつきながら窓の外を眺めると、車のライトが眩しく光っている。何だか都会の真ん中ではホームメードケーキも宇宙的な物質に見える。

東京の街は歩いているだけで色んな情報が飛び込んできて飽きない。充実した滞在だった。
でも車の往来激しい通りに吊るされたジビエや、ネオンの光で青白く照らされたホームメードケーキにちょっと哀愁を感じるのは私だけだろうか・・・

同時に大地を感じ、イマジネーションを広げながら囲む北海道の食卓は本当に素晴らしく、幸せなことだなとも思った。

2008.01.23 | | Comments(2) | Trackback(0) | 未分類

コメント

美しい写真ですね。色がスゴイ!
なんだかドギマギしてしまいます。
東京って、人が多くてゴミゴミしてて(ということだから)
行きたくなんかないわあ~
と思ってたけど
つちばくさんのこの写真を見て
行ってみたくなりました。
まだ食べたことのないもの、食べてみたーい!

2008-01-23 水 23:14:40 | URL | akemifa #/pdu0RA. [ 編集]

akemifa様

東京はまたそれなりに魅力的な場所ですよー。人間の数が多いので「人間観察」にはもってこいです!

2008-01-24 木 23:40:59 | URL | つち #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。