スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

シェ・キノのボジョレーパーティー

11月16日(金) 毎年恒例!江別フレンチのシェ・キノボジョレーパーティーが開かれた。

今年は満員御礼の大賑わい!”いつもの”江別グルメさん達はもちろん、今回ふるまわれた岩見沢の『宝水ワイナリー』倉内社長と営業部長の大灘さん、メインディッシュの雉を養殖している『ワークつかさ』白戸所長がお越しになり、岩見沢と江別の大コラボレートとなった!

木下シェフのテンションもいつになく高い! 最近シェフの右腕となって活躍しているパティシエの高橋さんもフル回転だ。
       キノ・ボジョレー2007・シェフ キノ・ボジョレー2007・高橋さん


さらに今回はソムリエ(?)が2人も!?!
       キノ・ボジョレー2007・ソムリエ2人 キノ・ボジョレー2007・ワイン

アミューズの”鶏としいたけ、フォアグラのテリーヌ、パンドエピス添え”からスタートしたお料理。

この”パンドエピス”、スパイス入りのパン・・・というかパウンドケーキのようなもので、フランス・ブルゴーニュ地方の郷土料理。ワインとチーズと合わせて頂くものらしい。つちのかねての要望によりシェフが作ってくれた。シェ・キノ流にアレンジしたと言うが、スパイスのバランスといい甘さといい、調度いい具合で大感激! 「是非定番に!」とお願いしている。

続いては”鱈白子のフラン”
       キノ・ボジョレー2007・鶏としいたけ、フォアグラのテリーヌ、パンドエピス添え キノ・ボジョレー2007・鱈白子のフラン

”鱈のブランダード””江別産オニオングラタンスープ”・・・と前菜だけでもすごいボリューム!
       キノ・ボジョレー2007・鱈のブランダード キノ・ボジョレー2007・オニオングラタン

そして今回のメイン=”雉のロースト リゾット添え”岩見沢・清丘公園で養殖されている高麗雉。まるまると膨れているお腹にはライスが詰められている。これをロースト後に取り出し、抜群に雉の出汁が効いたリゾットになるというわけだ。リゾットには雉の内臓のペーストがコク出しに使われている。これがまた妙味!
       キノ・ボジョレー2007・雉 キノ・ボジョレー2007・雉ロースト
もう1つ雉料理”雉の赤ワイン煮込みパートフィロ包み” 赤ワインソースの横に添えられている純白のピュレは江別産セロリラブ! そして”リーキのグラタン”。このリーキももちろん江別産だ。
       キノ・ボジョレー2007・雉パートフィロ包み キノ・ボジョレー2007・リーキグラタン

デザートは”紅玉とブルーチーズのタルト 蜂蜜アイス添え” 最後までワインが欲しくなるメニューだ。
                    キノ・ボジョレー2007・紅玉タルト
 
最後は元の座席が不明になるほど会場一体化で終わった。江別でワインとおいしい食事を囲んでワイワイ気軽に楽しめる店があることに、あらためて感謝! 江別美食文化にまた新たな1ページが刻まれたように感じた。
                キノ・ボジョレー2007・店内

2007.11.24 | | Comments(2) | Trackback(0) | 江別

コメント

シェ・キノ

相変わらず美味しそうですね♪

本日のお昼にランチしようとしたのですが、既に満席でした。

またそのうちにチャレンジします・・・。
(しばらく行けていないので、つちばくさんのブログを読みながら、唾液腺を刺激されています)

2007-11-24 土 21:45:10 | URL | みどり #- [ 編集]

みどりさま

ボジョレーの会だというのに、ワインの写真を撮り忘れました。それくらいお料理のボリュームも盛り上がりも大でした! 是非次回はワイン会にもご参加ください。

2007-11-25 日 20:43:21 | URL | つち #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。