スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

山のゆり根のドフィノワ

前回ご紹介した栗沢の宇井農園『山のゆり根』を別産地のゆり根と食べ比べた。シンプルにまるまんまを同時に蒸して、そのまま味わう。

『山のゆり根』は透き通るような白肌とは言えない外見だが、飲み込む直前に舌の奥でじわっと広がる甘みとかすかに土の香りを感じる。これは『山育ち』ゆえのワイルドさなのか・・・

しかし、それだけではもったいない! あまり主張しない控えめなゆり根をなんとか輝かせる調理がないものかと、本職の方にお願いしたのがコレ↓
20071105202813.jpg


『山のゆり根のドフィノワ』

ドフィノワはフランスのドフィーヌ地方の家庭料理でじゃがいものグラタンのようなもの。これにゆり根をプラス。食感の似たじゃがいもとドッキングさせたことで、かえってゆり根の特徴が際立った。シンプルな塩味もゆり根の優しい味わいを守ってくれている。

作り方は・・・
(材料:メークイン 大1個、 ゆり根 小1株、 にんにく 1片、 生クリーム200、 牛乳100、 塩 適宜)
鍋に生クリーム、牛乳、メークインのスライス(1mm厚)、ゆり根ほぐしてよく洗ったもの、にんにくの塊 、塩を入れ火にかけ、焦がさないよう揺すりながら弱火で煮る。濃度がつき、メークインが七、八分の火通りになれば、グラタン皿に移し、150度くらいのオーブンで焼く。火が通り、焼き色がつけばできあがり。 !!注意!!メークインはでんぷん質が大切なので、スライスしたらそのまま使用する。 鍋を使用せずにグラタン皿で全て作りあげてもいい。

『ゆり根のドフィノワ』が北海道の家庭料理になりますように!

2007.11.05 | | Comments(4) | Trackback(0) | 江別

コメント

おいしそうですね。
それに、簡単そうなのがなにより。
さっそく試してみます。

2007-11-06 火 08:57:29 | URL | akemifa #/pdu0RA. [ 編集]

akemifaさま

コメントありがとうございます。これは簡単でおいしい!オススメです。。。

2007-11-08 木 00:32:32 | URL | つち #- [ 編集]

ゆり根大好き

和食をいただいて、ゆり根が料理に使われていると感動してしまいます。高級な食材というイメージがあるからですが、いかに栽培に手がかかるものなのかということを前回のレポートで知り、大いに納得いたしました。
それでも近年は値下がり傾向とのこと。
生産者の皆様のご苦労が忍ばれます。
今回紹介のメニューは本当においしそうですね!
この食べ方が一番!という自信は持てませんが、私は最近マグカップで茶碗蒸しを作るのに凝っているので、その中にゆり根を丸ごと豪快に入れて食べてみたいです。

2007-11-08 木 17:20:36 | URL | さざぴ #d819E29w [ 編集]

さすが!

ゆり根をまるごとマグカップで茶碗蒸しですか! オイシソウ!! 我がまるごと江別グルメ会では鍋ごと茶碗蒸しにしてしまう豪快母さんがおりますが、そういえばゆり根が入ってました! まるごと蒸し試したらご報告くださーい!

2007-11-08 木 19:41:08 | URL | さざぴさま #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。